2015年03月02日

太陽光発電の業者さんと打ち合わせ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。時間ってすごく大事な財産ですね。。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日は夜更かししてフィリピンのコンドミニアムの物件への融資に関しての資料を

作ったり、税理士さんから不明と言われたり足りないと言われていた情報の整理をしたり

手続きもろもろをやったりしておりました。あとは太陽光関係の対応をどうしていくか

打ち合わせた結果を議事録的に取りまとめしたり、施工の関係の話を各所にメールしたり

フィリピンの別銀行での融資の進捗状況を確認したり。おかげでかなり寝不足気味です。



先日ブログに書いた通り、太陽光に関して業者さんと都内で打ち合わせを実施しました。

議題はいろいろありましたが、どうやって前に進めていこうか?という問題意識は

皆同じです。



工事を本格的に発注するには、融資を得てその資金で発注をしなくてはなりません。

融資を実行してもらうには、所有権が本格的に移転されなくてはなりません。

所有権を移転するためには、根抵当権が外れなければなりません。

ややこしいパズルのようです。



とにかく、根抵当権が外れたらすぐに行動を起こせるようにしておこう、ということが

共通見解として皆の認識の中に生まれました。仲介業者さんにその辺について状況を

確認してもらえるよう、メールを打っておきました。



次に工事の日程についてです。

伐採・造成を行う日程についても、まずは近隣住人の方への挨拶回りを行うのが

最初のステップになるので、こちらについても早々にご挨拶回りをする日程を

確定しよう、ということで、来週末現地でそれを実施することにしました。



もしお留守だったら先に進めないので、留守でもいいようにお手紙も事前に作っておき

ポストに投函できる準備をしておかなくてはなりません。手土産も準備しないとです。

この辺の段取りは私が行うことになりました。



最後に電力会社さんへの対応について。先日の話によれば、仙台にすでに契約書は

来ているはずなので、その契約書にとっとと署名押印して、請求書を送ってもらう

必要があります。状況ついては義母に現在確認中ですが、すぐやる課の義母なので

来ていればさっさと処理されていることでしょう。



その後の工事については、引き続き施工業者さんも施主も共同で働きかけを行い

とにかく工事を前倒しにしてほしいと訴え続けるしかないね、ということになりました。

使えるコネは何でも使って、とにかく前のめりに連系をしていくということで合意。

早く連系されないと、利子ばかり払っていいことがありません。補助金も年内に売電を

行うことができなければパーになります。それは絶対に避けたい。



それぞれに課題はあるものの、今後のアクションを明確化することができたので

有意義な打ち合わせだったと思います。この感じで調子よく進めばいいのですが。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:07 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: