2015年01月17日

補助金って大変。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。今日も一日がんばりましょう。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



太陽光の補助金を出してくれる協会に対して、地縁報告書なるものを書きました。



太陽光発電、土地の契約後は工事の請負契約を成立させるべく動いておりました。

こちらに関しても、何回か契約書ひな形のやり取りをした結果、これでいいでしょうと

思える内容に仕上がりましたので、契約と手付金を支払うところまで来ております。



この契約、勿論ですが普通に太陽光を動かすために必要なものですが、それに加えて

今年1月までの稼働が必須となっていた補助金の期限延長の申請に必要となります。

期限内に工事が終わらない場合は、以下の書類を添えて境界に申し出ること、という

ルールがありまして、その条件の一つになっています。



・太陽光の設備工事の契約書

・系統連系承諾書

・工事負担金の払込用紙

・遅延証明書と最新のスケジュール表(所定のフォーマット)



上記4点を作成し、提出しなくてはなりません。



サラリーマンの仕事にかまけて、資料作りをサボっていましたが、協会の方からも

催促の電話がぼちぼち来はじめたので、いい加減作ろうということで重い腰をあげて

資料作りにかかりました。



契約書は補助金に関係なく必要なものであることから、支払条件など先行して

詰めておりましたので、この段階で作れるということで問題はありません。



系統連系承諾書は、今月半ばに出てくるという話をしておりましたから、そろそろ

出てきている頃合いかと思います。施工業者さんが代わりに取りに行ってくれて

おりますので、まだ自分自身の目で確認はできていないのですが・・・



電気工事負担金の支払の用紙は、まだ出てきていない模様です。早くしてほしいと

せっついているのですが、なかなか歯切れが悪く・・・。お金払うって言ってるのに

なぜそんなに待たせるのかと不思議でなりません。



遅延報告書とスケジュールは昨日ようやく書きました。今のところ、系統連系の予定は

今年の7月ということなので、そこに向けた線を引っ張りました。



補助金の協会の方とも事前に遅延報告書やスケジュールの出来栄えについて確認して

いただきまして、これで良いでしょうというところまで持ってくることができました。



しかし補助金ってやつは、なんでこう書類が多くて煩雑なのでしょう。

まあお金を出してもらうわけだから、その分しっかり書面で報告しなさいねという

お話だと言われれば、そりゃあそうかと納得せざるを得ませんけど・・・。

補助金を考えている皆様、基本的に申請が大変なので覚悟しておいてください!

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:56 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: