2015年01月09日

売電開始までの道のりは・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在22位です。三連休もある程度サラリーマンの仕事になりそうです。うー。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



義母から「太陽光の融資の借入の返済予定表を貰ってきた」というメールがありました。

融資実行がなされてしまった以上、一刻も早く太陽光発電設備を導入して、売電を

開始したいと考えております。



その為に越えなくてはならないハードルが・・・



1.系統連系承諾書の受領

2.電力会社側の工事負担金の支払

3.設備工事の契約

4.売主様の根抵当権解除



この4点となります。

これらをゲットすることで、補助金の確保、融資実行、工事発注に繋がっていきます。



補助金を確定させるには、1、2、3が必要になります。

銀行融資と土地の所有権確保、工事の発注には、4が必要となります。



補助金は特に注意しなくてはならず、1〜3を必ず1月末までに準備する必要が

あります。1と2は電力会社さんといろいろと話した結果、1月半ばくらいには

出てくるのではないかと思われる状況にまではきました。しかし、本日の時点で

まだ何も連絡がありません。やきもきしています。



少しでも早く稼働を始めたい、という意味では、4の進捗状況もかなり重要です。

こちらは仲介業者さんにプッシュをかけておりますが、果たしてどうなるのか。



今回、工事完了時期が読めないこともあり、1年の据え置き期間を設けています。

ですので、少しでも早く売電を始めることが出来れば、手元資金にかなりの余裕が

できることになります。それを原資に、繰り上げ返済するか、何か別の不動産の

頭金にするか、という選択肢が増えることになるので、是非早々に売電したいのです。



しばらくはこの件が最優先事項になりそうです。

あまり押しが強い方ではない私ですが、こればかりはそんなことも言ってられません。

仙台の法人の社運をかけた(?)プロジェクト、推進していきます。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:38 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: