2014年10月13日

誠実さが裏目に出た補助金申請の行方。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。思ったより台風は弱くなりそうですね。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



民間住宅活用型住宅セーフティーネット整備推進事業を使って大規模修繕をしようとしている

札幌1棟目ですが、施工業者さんから思わぬヘルプ要請が入ってしまいました。嗚呼、想定外。



2週間前の札幌出張の時に、管理会社さんと施工業者さんと私の3者で打ち合わせをして、

申請の役割分担や施工の手順などを大まかに固めました(過去ブログ参照)。

その手順に従い、粛々と手続きは進んでいる・・・はずでした。



その後しばらくして、管理会社さんに別件で連絡を取った際に施工業者さんから連絡は来ているか

確認したのですが、特に今のところ連絡は来ていないとのことでした。あれ、おかしいなあ。

室内工事のうち手すり分の見積を連携する必要があるはずなので、連絡は必ず必要なはずです。



・・・もしかして停滞している?何かこちらで情報提供が足りていない?



心配になり、施工業者さんに連絡をしました。

書類の作成を依頼しようとしている建築士さんが多忙になってしまい、なかなか打ち合わせが

できずに停滞してしまっているということでした。いや、言ってることはわかりますけど、

施工業者さん自身が「早く工事しないと天候的に今年中に施工できなくなる」って焦ってたと

思うんですが・・・まあもう少し時間の猶予はあるから、まずは様子を見ることにしました。



そして昨日、施工業者さんと電話でやり取りをしましたところ、ようやく建築士さんを捕まえて

打ち合わせをしたものの、書類が想定以上に手間がかかるものだったので、他の仕事と並行で

対応するのは難しいですという話になってしまったのだとか。



施工業者さんも大変申し訳ないと平謝り。いやいや、そんなに謝らなくても大丈夫ですから。

この時点でそういう判断をすることができたわけだし、気持ちを切り替えて進めていきましょう。

まだ時間はあります。今から管理会社さんに申請作業を切り替えても何とか間に合うはずです。



施工業者さんは前から面識がある方で、他の大家さん仲間が施工した実績もあります。

仕事の質や親方の誠実な人柄は承知しています。今回は誠実すぎるがゆえに、管理会社さんに

申請をお願いするとなにがしかの手数料が発生してしまい、結果としてコストが安くならない、

ということを懸念してギリギリまで頑張ってくれたという気持ちも伝わってきます。



一生懸命考えてくれた結果、ちょっと事態が微妙な方向に行ってしまったというのは結果論。

そこまでのプロセスを考えれば、極力費用がかからない方法を施主のために考えてくれたことに

感謝しなくてはなりません。引っ張りすぎたのはあくまで私の判断ミスです。



そんなところで、管理会社さんにヘルプのメールを打ちました。明日電話で軽く打ち合わせて

今後の進め方を調整していこうと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:08 | Comment(0) | 札幌1棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: