2014年10月12日

税理士さんと旅行代理店さんはユーザから見れば共通点がある。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。昨日はモンハンデーだったので、今日は不動産デーにします。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



税理士さんにお願いして、仙台の法人と個人の試算表を作ってもらいました。



個人に関してはあと数ヶ月で年度末となります。そこに向けて、収支の着地点を見極める必要が

あります。赤字にせず、それでいて税金が多額になりすぎない、ほどよい場所に着地させるのが

一番いいかなと思っています。そこに向けて調整を進めていこうとしております。



ただ、調整をしようにも「現在の状況がどうなっているのか」を把握しないことには始まりません。

そこで、この時期になると税理士さんにお願いして、現在の成績の整理をしてもらっています。



法人に関しては、メインバンクさんから定期的に試算表を出すように仰せつかっておりますので、

その対応として提示させていただいております。個人では言われたことがないのですが、法人は

なぜかそういう動きになっています。この辺は銀行さんによって考え方が違うのかもしれません。

法人のメインバンクさんとは個人ではお取引はありませんので。



さて、ここで試算表を作ったり、確定申告をするための手段を考えてみます。

大きく分けて「自分で申告する」「税理士さんにお願いして申告してもらう」という2つの手法、

そして税理士さんに任せる中でも「帳簿は自分でつける」「帳簿を付けるのも任せる」という

2つの手法にわかれてくると思います。



私は記帳まで含めて税理士さんにお願いをしておりますので、基本的には領収書を全部集めて

なぜその領収書が発生したのか理由を記載し、あわせてクレジットカードの明細と銀行口座の明細も

情報収集とその口座の資金移動が発生した理由を明記して税理士さんに送付します。

あとは税理士さんのところで整理して試算表や決算書を出してもらう感じです。



税理士さんにただ単にお任せしているだけですと、数字は出てくるかもしれませんが、その数字が

私たちが求める結果になっているとは限りません。税理士さんはスペシャリストですが、私たちの

経営に責任を持ってくれる人ではありません。あくまで経営者である私たちが目標設定をして、

ここに導いてほしいと示唆する場所に行くための道案内をしてくれるだけです。

私は税理士さんに目指したい位置を伝え、そこに合致するご提案をしてもらうようにしています。



わかりやすいかどうか自信はないですが、たとえ話を。



旅行に行きたいと思った時に取る手段は2つあると思います。一つは自分で旅行の計画を立てて

ホテルも含めてすべて自分で手配する方法。もう一つは旅行代理店さんにお任せする方法です。

自分で計画したほうがコストは安くあがりますが、その分自分の時間を使うことになります。

代理店さんに任せれば、コストは少しかかりますが、煩雑な手間はかかりません。



不動産に置き換えると、税理士さんに任せず自分で確定申告するのが自分で旅程を立てるのに

似ています。お金はかからないけど手間がかかる。そして税理士さんに任せて確定申告するのは

旅行代理店さんに仕事をお任せすることに似ていると思います。



そして旅行代理店さんに任せるにしても、フリープランで細かい旅程は自分で決めるパターンと

添乗員さんがついてきて行先まで決めてくれるパターンがあります。これも税理士さんに

置き換えると、決算だけお願いするのがフリープラン、記帳もお願いするのが添乗員さんが

ついてくるプラン、と考えればいいのではないかと。



もし代理店さんに任せたとしても、「南の島に行きたい」とか「値段は安く抑えたい」とか

リクエストを出さないと旅行の計画は進まないですよね。本当はヨーロッパに行きたいのに、

「海外に行きたいです」だけでは、アメリカや東南アジアに案内される可能性もあります。

これでは自分の希望は満たされないです。



決算も同じで、自分が希望する未来に迎えるような決算の数値はどういうものなのかを把握し

それをアウトプットする必要があります。



こういうことを考えなくてはならないので、税理士さんはスペシャリストとして頼りになるけど

経営判断まではしてくれない、ということを申しております。



私の場合、個人の成績は期首に想定していたより少ない値になっていました。経費がかさんだのが

大きな要因になっているのだと思いますが、ここはまだ分析していませんので何とも言えません。

法人は利益が出ていましたが、去年の大規模修繕の支払いの一部が今期にまたがっておりますので

それを加味するとまあ想定しているところに着地しそうだなと感じています。



決算書はその事業の成績表という側面があります。

どのように成績を作っていくか、考えながら進めていくべきと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:52 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: