2014年09月17日

自己所有と転貸の税務の違い。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。最近英語の勉強をサボってるなあ・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



サラリーマン仕事が大変になってきており、不動産に目が行き届いていない今日この頃。

あまり余裕はないですが、最近ちょっと考えている「転貸」の税務について考えてみました。

(間違っている可能性もあるので、変なことを書いてたらご指摘いただけると嬉しいです)



その不動産に対する所有権がある場合は、税務上の利益は「家賃収入−減価償却−固定資産税」

という形で計算されます。キャッシュフローは「家賃収入−固定資産税」となります。



所有権がなく、賃貸している物件をさらに転貸した場合は、減価償却は取れません。固定資産税も

所有者にかかるので賃借人には関係が亡くなります。よって、税務上の利益もキャッシュフローも

「家賃収入−支払家賃」という形で計算されます。減価償却の代わりに地代的なものが入り、

固定資産は持っていないから税金もかからないという形です。



借入がある場合は少し複雑になります。



自己所有の場合の税務上の利益は「家賃収入−減価償却−借入利息−固定資産税」となり、

キャッシュフローの計算は「家賃収入−借入利息−元本返済−固定資産税」となります。



転貸の場合は、税務上の利益は「家賃収入−支払家賃−借入利息」、キャッシュフロー計算は

「家賃収入−支払家賃−借入利息−元本返済」となります。まあ転貸の場合でそこまで大きく

借入をすることもないとは思うのですが、一応ね。内装とかはお金を借りるかもしれませんし。



何か違いがあるかを考えようと思って整理し始めましたが、減価償却の有無くらいしか違いは

なかったので、それほど大きく気にする必要はなさそうです。考え方の違いだけおさえておけば

充分かな、という気がしてきました。



うーん、今日の記事はすっかり独り言日記になってしまいました・・・^^;

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:55 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: