2014年03月21日

想定外の退去立会い。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。本日は自宅でもつ鍋パーティー。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



仙台1棟目で退去予告が届いてしまいました。しかもこの時期に・・・(泣)



さかのぼること数日前。仙台の法人の社長をやっている義母からメールがありました。

仙台1棟目に2年前に入った青年が退去するとの連絡が仲介業者さんからあったとのこと。

退去の手続きは初めてだからどうしていいかわからないので教えて、と頼まれました。



仙台1棟目は2年前に購入したのですが、これまでオーナーさんのご家族が抜けた以外は

一度も退去を経験したことがない優秀な物件です。復興バブルの家賃帯になっていないから

定着率が高いのかもしれません。定着率が高いのはありがたいことです。



私自身、自主管理物件は仙台1棟目以外に持っていないので、雰囲気でしかわからない状態。

自主管理の先輩や業者さんのお友達に話を伺いながら、義母に退去時の流れを説明しました。



1.入居者様とコンタクトをとる

・退去理由の確認

・物件の良かったところと悪かったところのヒアリング

・退去立会いの日程を調整する

・退去立会いに同行してもらえるリフォーム業者さんの日程を確保する



2.退去立会い

・お部屋の状態確認、劣化している箇所の確認

・各所の写真撮影

・敷金精算書を送る住所の確認

・敷金精算に関する説明

 敷金精算時に入居者様過失分は差し引きすること、振込手数料は借主負担であること、

 家賃は日割りで計算して返還すること、など



3.退去立会い後

・リフォーム業者さんから見積を受領

・汚損のうち、経年劣化の分ははずして、通常利用では起こりえないものだけピックアップする

・日割り家賃の計算(水道代や町内会費は返金不要)

・入居者様請求額と、敷金返還額を足し引きして最終的な金額の確定

・敷金精算書の作成(金額の通知、振込先口座の情報提供依頼)

 なお、返信がない場合には同意したとみなす旨を付記する



4.振込先の連絡をもらったあと

・変換する敷金の振込



この説明を義母に送った後、3/20に退去立会いをしてくるというメールが届きました。

あら、入居者様はすでに引っ越しを済ませているということですかね、これは。だったら繁忙期に

何とか間に合うじゃない!これは悪くないパターンです。



・・・と思っていたのですが、私が「退去日に退去立会いを行う」ということを義母に伝えて

いなかったばかりに、居住中のお部屋に対して退去立会いをしてしまったとのこと(>_<)

何でも、入居者様が「4月になると忙しくなるから3月中にお願いしたい」と申し出てきたので

それに従って進めたのだとか。実際の退去が4月なのに、3月に退去立会いしても意味がなーい!

立ち合いから退去の間に新しい劣化が発生したら対応に困るじゃないですか。



というわけで、仕切り直しで退去予定日である4月半ばの日付でもう一度やり直しです。とほほ。

ちゃんと「退去立会いは退去日に行う」と伝えなかった私の過失です。反省。



それとは別に、出て行ったあとの家賃設定について、仲介業者さんにヒアリングをしました。

私が物件を持っている地域では、どうやら2年前より住居の少なさが顕著になっているようで

即入居可能物件が全くないとのこと。家賃も2年前より5000円くらいは余裕であげられて、

かつ広告料も2ヶ月から1ヶ月に相場が減っているようです。



4月退去だと繁忙期は終わってしまっているのがとても痛いですが、前より高い家賃で入居を

決めることができそうな予感もあります。ここは何とか仲介業者さんに頑張っていただくしか

ありませんので、広告料は相場より少し多めに出すことにしました。



募集条件も決まりました。カーペット敷きのお部屋もクッションフロアに改良する方針です。

はじめての退去と入居者者募集ですので、義母も含めて家族ぐるみで頑張っていこうと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:07 | Comment(0) | 仙台1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: