2014年03月12日

不動産投資を続ける意味。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在21位です。今週はひとりでふらふら飲み歩いてます。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



何のために大家さんになったのか。



Facebookでそんなことを書いている人がいました。

「何を糧として生きていくのか」



大家さんを始めた理由は人それぞれだと思います。とにかく仕事が嫌で何か別の稼ぎ口を

見つけたかった人もいるでしょうし、老後の自分や家族を案じて始めた人もいるでしょう。

お金持ちになりたいというわかりやすい理由の人も当然ながらいることと思いますし、士業や

経営者で安定感のある資産をポートフォリオに組み込みたいという人もいるかと思います。



その目的を思い返してみて、今のポジションや今後の方向性は本当に正しいのか?



たとえば、Facebookに書いていた方なんかは「なぜこんなに忙しく不動産をやっているのか?」

ということを改めて自問自答していました。



曰く、家族のためにやっているのであれば、過剰な稼ぎは不要なのではないか。

大事なものは見失わないよう、当初の目的を思い起こしながら本当に自分に必要なものは

何なのかを見極めていかないと「お金を稼ぐというゲームに酔って、再現なくそのゲームを

極めようと無駄な規模拡大を考えてしまう」だろう、と。



原点に立ち戻ることって、確かに大事なことだなあと思います。

何のために規模を大きくしているのか。借金を増やして薄氷を踏むかのようなキャッシュフローを

積み重ねていった先に何があるのか。そこは常に考えなくてはならないと思います。



自分のやっていることが何につながるのか。

それを行うことで自分の目標につながるのか。

そんな観点が必要だなと思いました。



翻って、私はどうなのか?



私自身も最初は安定した老後や家族の幸せのために不動産投資をすることを思い立ちました。

その基本線自体は今もずれていないものと思っています。



しかし、私はその基本線からさらに一歩踏み込んでおります。

普通に家族の幸せのための不動産という目的だけではなく、もっと大きな目標が心の中に

生まれてきてしまいました。そのために不動産で盤石の体制を築く必要がある、ということで

規模の拡大をしていこうという気持ちになっております。



私が老後のこと以外で目標としていること・・・



○ライブハウスを経営したい

○才能はあるけどチャンスに恵まれないミュージシャンを支援したい

○場所・時間にとらわれない生活(ノマドライフってやつでしょうか)をしたい

○親孝行できるお金を稼ぎたい

○熱帯魚に関して何かビジネスを興したい

○ベルギービールなどを含めた飲食ビジネスを手掛けたい(小売りに限らず)



ざっくりとみて、こんなところです。



私は不動産で生活費を捻出し、追加で儲かった部分で上述のような活動をしたい、ということを

常々思っております。そりゃあ腹をくくれば、会社を辞めて上記のような仕事で起業することも

できるのだろうとは思いますが、それは家族を抱える身としては大変リスキーですし、私自身も

そういうリスクは負えません。



(そこ、借金してたいしたキャッシュフローも出ない物件は買うリスクは負えるのに、

 そっちのリスクは負えないんかい、とか言わないの!)



不動産で最低限食っていける程度になってから、その資本を元手にビジネスを興す。

ビジネスを興すことで、自分の時間をコントロールすることが可能になる。

居住地も仕事の内容も自分で選べる。

最悪、失敗しても不動産で得たキャッシュフローで何とか食っていける。



時間って有限だからとても大事だと思います。私も時間があればやりたいことは山ほどあります。

朝一番でジムに通い、一汗かいたあとはメールの処理を行い、午後からは仕事をして、夜は

ライブに行ったり飲みに行ったり。仕事はどこでもできるから、今週は札幌で過ごし、来週は

仙台、その次の週はフィリピンといった具合に拠点も自由に選ぶ。そんな生活に切り替えて

いければいいのですが、サラリーマンをしている限りにおいての現実は、朝から夜まで会社員として

身を粉にして働き、残った時間で不動産関係の事務処理と飲み会を楽しむ、といった感じに

なってしまいます。



確かに借入をして作るキャッシュフローはとことん不確定です。怖いものだと思います。

私もそれは承知で借入をしています。ちょっと金利があがればキャッシュフローは吹っ飛びます。



それでも、夢の実現のためには借入をして不動産を購入していく必要があります。

ある一定のラインまでキャッシュフローが来たら、そこから一気に現金購入に切り替えて

成績の悪い不動産を売却して借入を減らし、自己資本比率をあげていく。

そんな絵を描いていますので、今は多少無理にでも借入をしてキャッシュフローを増やす時期、

と判断しています。危険なのはもちろん承知した上で・・・。



両親もそろそろ70歳になろうとしています。いつまで元気でいてくれるかわかりません。

介護や高度医療が必要になったときのことを考えると、稼ぎは増やしておきたいものです。



そして不動産にこれだけ入れ込んでいる理由はそれだけではありません。

何より「楽しいから」です。楽しくないことでお金を稼ぐのも辛いですから。



サラリーマンをしているだけでは、自分が経営判断をする機会はそうそうありません。

ビジネスオーナーとしての自分を楽しめるのが、まず大きなメリットです。



そして、不動産を通じて気のおけない仲間と出会えることや、そういう方を通じて自分が全く

知らない別の世界を知ることができること。これも大きな楽しみになっております。



昔からネットを通じて何らかのコミュニティに参加し、年齢・職業・性別の違う方々とお話を

するのが好きでした。音楽もそうだし、熱帯魚やネトゲの世界でもいつもそういうスタンスで

いろいろな人と話をするのが楽しくて、夜な夜なパソコンに向き合っていたものです。

オフ会も自分で企画してみたり、他人の企画するオフ会に参加してみたり。今でもそういう場で

知り合った人と仲良くしていたりもします。



仮に不動産以外の楽しみを見つけて、不動産に関わることが少なくなったとしても、そういった

経験や人脈は残ります。人生を楽しく過ごすための貴重な資産。不動産はお金を儲けるだけでなく

そういう無形の資産も手に入れることができる、素晴らしいツールだと思います。



まとめ。

私は不動産を通じて金銭的に楽になること、ベーシックインカムを手に入れて新たなるビジネスを

創設していくこと、気のおけない仲間と人生を楽しむことに楽しみを見出しているから、

これからも不動産を続けようと思っています。



皆さんの「不動産投資を始めたきっかけ」「不動産投資を続ける目標」って何ですか?




最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:49 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: