2014年01月15日

金融機関さんとのやり取り。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在22位です。いやあ、今日も冷えますね。手がかじかんでます。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



先週末、法人化に関してどのようにしていきたいかという計画書を作り、現在お付き合いがある

主要な金融機関さんにその内容を送付しました。全部で5行送ったのですが、そのうち1行から

電話でその内容に対する回答がありました。



都内の信金さんなのですが、予想通りなものもあれば、予想外の回答もありました。

やっぱりこういうことはちゃんと聞いてみないとよくないですね。



たとえば、一般的には信金さんのような営業エリアを限定する業態の金融機関さんの場合は、

自分達のエリア外の物件に借入があることを嫌がるものと思っておりました。

金融機関さんの方針の差なのかもしれませんが、今回回答してくれた金融機関さんは、遠隔地に

借入を伴う物件を持っていても、それも含めて資産として評価してくれるし、融資に対して

マイナスになることはないそうです。意外でした。

(遠隔地の物件への融資をしてくれるわけではありません)



太陽光発電には少し否定的で、資産として評価できないから、結果として債務超過になる可能性が

あるという旨のことを言っていたように感じました。決算書が黒字であることは大前提として、

その上で債務超過になっていないことが求められている、というところでしょうか。



他にも細かいことをいくつか聞きましたが、だいたいの融資の方針は見えてきたような気がします。

そして私自身は、今のところこの金融機関さんの融資基準で考えると、新しい物件の取得については

少々厳しいということがわかりました。資産と負債のバランスが崩れているためです。



債務超過の場合、何がマイナスになるか。もちろん、銀行さんからの新規の融資が厳しくなる、

という点はあるのですが、それ以外では売却時に安くなってしまうということがあるでしょう。

ほとんどの人は、銀行さんから融資を得て購入しますから、銀行さんの融資可能額よりも債務が

多い場合は、売却益だけで債務を相殺することができなくなります。それに売却価格と簿価の

差額が売却益とみなされ、利益に対して分離課税されてしまいます。よって、売るに売れない状況に

なってしまう可能性があることを考えておかなくてはなりません。



話はそれましたが、そんな感じでさっそく質問に回答してくれた金融機関さんに感謝。

他の金融機関さんからの回答も取りまとめて、整理して法人化の方針を決めていきたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:25 | Comment(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: