2014年01月07日

水道管凍結。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。昨日は首が痛くて接骨院に行く羽目に。どんどんオッサン化してます。。。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



冬季はなにかと建物に問題が起こりやすい時期です。ましてや厳寒の北海道とあらばなおさら。

ごたぶんに漏れず、今年もやってまいりました。そんなトラブルの季節が。



今回は凍結のために発生した漏水ということで、管理会社さんより連絡がありました。

現場は札幌3棟目の空室。11月末で退去されたお部屋がありまして、そこの内装工事を

粛々と進めているところでした。



内装業者さんが清掃するために通水させたところ、給水管から漏水が発生しているところを

見つけた、とのことです。原因を確認したところ、給水管に亀裂が入っていたということでして

そこから水が漏れる状態となっておりました。



先日まで人がお住まいになられていたのですが、その間は特にそういった苦情はありませんでした。

この1ヶ月の間に事故が発生したのではないかと思われます。

すぐに元栓を止めたので、下階への影響はなかったとのこと。不幸中の幸いでした。



管理会社さんの見立てによれば、おそらくこれは凍結破損であろうとのことでした。

そうなると、こちらとしては保険の申請を準備しなくてはならないかと思います。

管理会社さんも、保険で処理しますがよろしいでしょうかと言ってくださってます。

パッキンの劣化とかそういうものではなく、パックリと水道管に亀裂が入っていることからも

凍結による事故であることは明白であると思います。



というわけで、管理会社さんにはさっそく保険の手続きに入ってもらうようお願いをしました。

火災保険は経年劣化でなければかなり広い範囲に適用できます。賃貸経営を上手に行うには

保険の活用は不可欠。こんなのも保険でいけるの?みたいなものも多々ありますので、まずは

故障したら保険を検討する癖を身に着けるといいのではないかと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:11 | Comment(0) | 札幌3棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: