2013年09月09日

太陽光発電の企画、はじめました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。月末に向けてやることがいっぱいです。やばーい。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



ひょんなことから野立て太陽光の企画に参加することになりそうです。



大家仲間の友達が、個人で先日発電所を作っております。その内容の報告やリスクヘッジの方法を

直接聞いて、なるほど面白いと改めて思い直しました。



パネルの出力やメンテナンス、日照など色々な問題が太陽光にはあり、簡単そうに見えるものの

出力を最大化するには一筋縄ではいかない、というのが実情という風に聞きかじっております。



周囲では太陽光発電に取り組んでいる人が多く、気になっているところはあるのですが・・・

今から太陽光発電の勉強をして、土地を探して、融資を付けて・・・という一連のプロセスに

新規参入していくのも若干面倒だなという怠け心があり、そちらにまで取り組みをすることは

ありませんでした。サボっているだけなんですけどね。



そんな折に、その友達か新たな野立て太陽光発電の発電所を作りたいけど、候補にしている土地が

広すぎて一人でまかないきれないという話がありました。私としては、いちから組み立てる余裕が

なかったので、既存の案件を見ながら勉強していくのが一番いいかなと思い、一口乗らせてほしいと

お願いをして参加させていただくことになりました。仙台の法人でこれをやれば、売上額を増やす

ことができます。規模の小さい法人なので、経費倒れしかねないものの購入に値する不動産も

今一つないという困った状態でしたが、そこから脱却させることができるかもしれません。



施工する業者さんは、残念ながら信販会社さんとの提携ローンなどは持っておりません。

しかし、保険の類は充実しております。通常の火災保険に加えて、天候デリバティブ保険と

売電保証の保険を持っていて、この条件がとても良いということだそうです。



確かに、太陽光で最悪のことを考えるとしたら、出力が足りずに売電金額が伸びず、売上より

返済額が上回ってしまうことだと思います。天候デリバティブ保険は、天候によって左右される

事業を行う際に、天候が悪くてシミュレーションした売上に達しなかった分の売上を保険で

補填してもらえることが出来るものです。この補償の範囲に返済額に抑えられれば、事業としての

リスクはかなり軽減できることでしょう。また、火災保険に加入することで、太陽光パネルや

パワコンなどが不慮の事故で壊れた際にその修繕費を保険で提供いただくことができますし、

売電補償保険を使えば故障状態の時にも収益は確保できます。



国が全量買取の約束をしてくれていますが、それも経済状況や市況によって本当に保証されるかは

何とも言えません。国が約束を反故にした時に立ち行かなくなるリスクを考えるか、大企業が

こぞって参入している太陽光発電だから、経団連の反対を押し切って約束を反故にはできないと

予想をして参入するのか。その辺は各人の経営判断ということになるでしょう。



融資付をどうするかという話はありますが、自分で企画して仕込むことを諦めていた身としては

願ってもない話であると思い、安易な気持ちで参加することにしました。ええ、安易ですとも。

真面目に勉強して企画を練っている人からしたら、甘く見るなと言われてしまうことでしょう。

そういうご指摘があれば、そこに対しては素直に「そうですね」と申し上げるよりほかありません。

でも、保険があるので事業に失敗したとしてもその被害は最小限で済むという判断はしています。



色々なことを並行で進めている為、処理が追いつかずにオーバーフロー状態になっている部分も

あるのですが、何とか頑張って対応していきたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:21 | Comment(2) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理だけは しっかり行ってください。週一の見回りは絶対に 必要です。
Posted by ryou at 2013年09月09日 10:55
>ryouさん

管理の大切さは以前より伺っておりますので、
留意していきたいと思います。

週1回の見回りでやるべきこと、今度教えてくださいね。
Posted by ひろ* at 2013年09月09日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: