2013年09月02日

モンゴル二日目(郊外と都心)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。朝起きると喉がガラガラした感じがします。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



モンゴル滞在二日目。昨日はほぼ移動日だったので、今日が実質的な活動開始の初日です。



初日は首都のウランバートル市内と郊外の地域を視察し、モンゴルの方の文化や暮らしについて

勉強をさせていただきました。モンゴルの現地企業の社長さんにアテンドいただきながら、

まずは郊外に出て、チンギスハーンのでっかい像などを見つつモンゴルの主流である住宅、

「ゲル」の中で昼ご飯を食べるという体験をさせていただき、その後現地の遊牧民の方に連れられ

乗馬を体験。ウランバートルに戻って食事や街並み、都心に住む方の様子を見てきました。



ゲルというのは、モンゴルでよくあるテントのことです。

この辺のリンクを見てもらえれば、なんとなく「あーあれねー」と思って貰えるでしょう。



このWikipediaの記事に書いてある通り、モンゴルの厳しい冬を過ごすために、ゲルでは大量の

石炭を燃やしているそうです。それが現在、大気汚染の問題をひきおこしているのだとか。

昔は家畜の糞を燃やして暖をとっていたので、そういう問題は起こらなかったのだそうです。



この問題を解決するため、現在モンゴル各地でマンションが造られているのだとか。デベロッパーの

中には、日本から進出している企業もあります。そういう不動産の視察をすることも今回の目的の

一つに含まれています。



モンゴルでは現在インフレが年10%以上の割合で進んでいるそうです。その為、家畜の値段も

年々あがっている状況。遊牧民の方は家畜をたくさん持っているだけで、かなりの現物資産を

持っていることになるみたいです。そしてそういったお金を持っている遊牧民が、ご子息を

ウランバートルの学校に入れる為に家畜を売って市内にマンションを買ったりしているのだとか。



日本人がイメージする「That's モンゴル!」というイメージが遊牧民の皆様なのだと思いますが

遊牧民でも学歴を気にしたり携帯やインターネットをしたりして、文化的な生活を営んでいる。

そんなケースもあるのだなということがよくわかりました。



海外から日本に来る人を迎えるアパートを作る、などのことを考える場合は、祖国との連絡を

とりやすいようにインターネット回線無料のサービスをつけておく、などのPRが有効なのかな、

などと麦線と思ったりしました。



モンゴルはウランバートル市内はいいものの、少し外れるとものすごく道路の舗装状態が悪くて

バスに乗っている間中ずっと揺られっぱなしでした。車酔いする人には恐ろしい環境だと思います。

日本のインフラがとても整備されていることに感謝しなくてはなりません。海外に行ってみて

はじめてわかる日本のありがたみ。税金使って道路を補修することは大事なことかもしれません。



夜はモンゴルで会社経営をされている方に、ウランバートル市内の一般の方が使うお店などを

少し案内していただきました。ウランバートル市内は香港ほどではないけど夜もにぎやかです。

若い人が多いなあと思っていましたが、どうやらウランバートル市の人口の大半は若者だとか。



視察でツアーとなると、どうしても安全面での問題が出てくるので、高級なお店にしか

連れて行ってもらえない傾向にあります。私はどうせなら、中の上くらいの市民が行く場所が

どんな雰囲気になっているのかを知りたかったので、この街歩きはとても楽しかったです。



日本人から見たら、ウランバートルの方はくわえ煙草をポイ捨てするわ、道路につばは吐くわ、

横断歩道も無視しまくりだわで、マナーがなってないなーと思う面がないわけではないと思います。

他方、モンゴルの人から見たら日本人も変だと思うところがあるようです。例えばその社長さんが

話してくれたこととして、番犬が吠えているのを見た日本人が「なんであの犬吠えてるの?」と

聞いてきたことがあるのだとか。モンゴルでは番犬はあくまで番犬。日本ではそれが愛玩動物や

自分の子供と同然の扱いをされている。日本人はおかしいよ、ということをおっしゃっていました。



文化的な側面もあり、こういうコミュニケーションギャップはあちこちで発生するものと思います。

外国人を受け入れていく為には、お互いのコミュニケーションをしっかりしておくと共に、

こういった思考や文化のギャップをとらえて行く必要があるのだと思います。



自分が外国で不動産の事業をやるのか、外国から来る移民を受け入れる事業を日本でやるのか。

はたまた、何もしないのか。それはまだ何とも言えませんが、今回の視察の中でヒントを掴んで

帰れるよう努力したいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:30 | Comment(2) | 海外不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モンゴル♪
以前行こうとして、朝青龍のやってる子会社でお願いしてたのに、諸事情でボツになった記憶があります。(笑

そのときは1週間馬で移動しながらゲルで過ごす。
という過酷なツアーをやろうともくろんでいました。

実際にモンゴル人とはコミュニケーションとったことがないのでどうなのか?わかりませんが、
渋谷に住んでいるときは、だいぶお見かけしたことがありました。

定住者じゃないから、インフラが一足飛びに携帯になっている。
という事実も面白いですよね。
馬に乗りながらスマホなんでしょうか?(笑

楽しんできてください☆
Posted by yuki at 2013年09月03日 08:37
>yukiさん

1週間も馬で移動してゲルで宿泊となると、
身体がぼろぼろになりそうですね〜^^;

いろいろとアンバランスな国で、ゲルの敷地内に
ベンツが停まっていたりすることもあります(笑)

親日国家で留学生も多いのですが、日本語を活かせる
職場が少ないようで、年々留学生が減っているとか。
せっかく好きでいてくれているのに、勿体無いです。
何か日本語の必要な職場を作りたい気持ちになりました。
Posted by ひろ* at 2013年09月05日 12:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: