2013年07月27日

我が社は赤字!?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。昨日はおいしい料理と女子トークに圧倒された一日でした(謎)

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



仙台2棟目候補の融資付については、現在各行にて審査が進められている状況となっております。

その中で、試算表を求められている銀行さんがいる為、義母に帳簿を整理してもらい、一旦うちに

送ってもらうことにしました。昨日それが届いたので、内容を整理しつつ抜け漏れをチェックして

わかる範囲で気づいたことをまとめ、義母に電話で確認しました。



電話の中で、義母から「某金融機関さんが『今回の案件には融資できない』と言ってきた」と一言。

あらら、けっこうやる気がありそうだったんだけどなあ。うーん、そうですかあ。んでその理由は?

「仙台1棟目が回ってなくて赤字だからだって言うのよ!」



(゚Д゚)ハァ?



いやいや、決算書もしっかり黒字にしているし、物件単体で見ても一応キャッシュフローは

出ているはずなんですが・・・。確かに借入年数は短いし、リフォーム分の融資を別立てで

引いているから、そんなに余力はないですけど。



「あたしも納得いかないから、理由を聞いたのよ!そしたら税金だけど○○万払ってるから

 その段階で物件単体で見たら赤字だって言うのよ!」



えー、○○万も払ってないじゃないですか。実際の額はもっと安いですよね?

(実際の支払額は、金融機関さんが言った額の1/3です)



「そうよ!実際そんなに払ってないから、評価額が載ってるやつを見せてやったのよ!そしたら

 支店長が『確かに額は違ったようですが・・・でも赤字なんです』とか言うのよ!

 なんだっつうのよまったく!意味がわからなくて頭に来ちゃったわ。」



義母曰く、試算の間違いを指摘したのに、それを頑として訂正しないということだったそうです。

どうせ融資しないつもりなんだろうから、なんかもう話す気力もなくなってしまった、と。



その場にいたわけじゃないから何とも言えないですが、きちんとやっていると自分では考えている

自分が関わる会社を、第三者に赤字だ赤字だと連呼されたことが腹立たしかったようです。

しかもその理由が納得いくならまだしも、全く理解できないというのがそれに拍車をかけた、

といったところでしょうか。でも確かにそれは義母の話だけ聞いていれば、不愉快なのも納得です。



義母はこのもやもやした気持ちをぶつけることができてスッキリしたようでした(笑)



この話をうけて、私はどうしようか考えました。

ひとまず、なぜ金融機関さんが仙台1棟目を赤字だと断定したのか。その正確な理由を

可能であれば知りたいと考えます。勘違いしたポイントがわかれば、他の金融機関さんには

その点はそうではないということを伝えることができます。金融機関さんに要ヒアリングです。



既に「固定資産税」というキーワードは出てきました。提出した資料を見ると、確かに税額を

示す資料は送っておりません。義母に固定資産税評価額がわかるものを送るように依頼しました。

同じような勘違いを発生させないことが最重要かと思います。



そして私自身は月曜日にその金融機関さんに電話してみようと思います。固定資産税以外に

問題と思われる箇所があったかもしれませんので、そこを確認したいと考えております。

もしそれが誤解であれば、次回融資につなげるために誤解を解いておく必要があります。

また、私が気づいていないだけで本当に赤字になっているという事実があるのかもしれません。

あるいは赤字と勘違いしてしまうような何かがあるのかもしれません。そうだとしたら、今後のため

そこを改善しなくてはならないと考えます。



結果を受けてどうアクションするか。進歩していくために必要な作業だと思います。

次回の融資成功率を高めるため、頑張っていきたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:15 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: