2012年04月29日

プロパンガス屋さんとの交渉。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在7位です。本当にこんな順位になってしまって良いものなのでしょうか!?嬉しいなあ。

過去最高位更新目指して応援プリーズ→人気ブログランキングへ



昨日は一日嫁ちゃんと遊んでいたので、不動産活動は無し。連休なので、少しは休むのです。



さて、以前より物件の見た目のことで気になっていることがありました。

うちの札幌物件は3棟ともプロパンガスなのですが、そのボンベがむき出しになっているんです。

特に2棟目と3棟目は物件の正面から見えやすいところにボンベがどんと置いてあり、前から

「感じ悪いな〜」と気になっていました。



そこで、稼働率があがってきた今がチャンスと思い、プロパンガスのボンベを隠すことができないか

交渉をしてみることにしました。ちょっとした囲いをつけて、パッと見て目立たないようになれば

内覧に来た人にマイナスの印象を与える可能性が少なくなるかなと思ったためです。



2棟目と3棟目はそれぞれ別のガス会社さんですので、それぞれに対してお願いをしてみました。

結果、2棟目については交渉成立!ボンベボックスを付けてもらえることになりました。

全部ボンベが隠れるタイプにしてくれるそうで、見栄えがよくなること請け合いです。やった!

工事が終わったら写真を送ってくれるということですので、とても楽しみです。



3棟目も一応つけること自体はOKしてくれたのですが、前面が駐車場なのでボンベの入れ替えが

出来なくなってしまう懸念があるということで、そこをどうするか検討中です。

3棟目の方が物件の前面にあってちょっと微妙なので、何とか実現したいところです・・・。



2棟目のガス会社さんは、空室対策のサポート(仲介業者様への営業など)もしてくれるので

とても助かっています。こちらもそれだけしてもらうからには、絶対に高稼働率をキープして

運営していかなくてはならないと感じます。稼働率を上げてガス代を回収できるようにしないと

ガス会社さんにとっても損失となってしまいます。あのオーナーの物件は、何かやってもどうせ

費用対効果が得られないよということになり、自分も損をしてしまいます。



プロパンガスの業者さんにあれこれ頼むというノウハウはあちこちで書かれておりますが、

頼んだ以上はその恩恵を業者さんにも提供しなくてはならない、ということまで書いている人、

あまりいないような気がします。彼らだってタダでオーナーに設備や労働力を提供するわけじゃなく

それを行うことで費用対効果を見込めるから対応するわけです。相手の立場を思いやって

自分がプロパンガス屋さんにとって投資するに値するオーナーだというアピールと実績を作ること。

この発想なしにプロパンガス屋さんにあれこれ要求するのは「たかり」と同義と考えていいのでは?

オーナーにたかられたプロパン屋さんが行きつくのは入居者さんの料金への転嫁。そして空室率は

拡大していき、誰もいい思いが出来なくなる・・・。そんな末路は嫌だなと思います。



何事も相手の立場に立って考えることが大事だというお話に最後は帰結するんですよねえ。

共存共栄し、周りのすべての人が幸せになれる賃貸経営を目指して今後とも頑張りたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 12:11 | Comment(6) | 札幌2棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは ぶるーまんぱぱ です。
ますは ぽちくりくり しますた。

Posted by ぶるーまんぱぱ at 2012年04月29日 20:55
3位まではすぐにいけるはず。
毎日応援クリクリしております。
目指せ1位。
Posted by J at 2012年04月29日 23:12
>ぶるーまんぱぱさん

ぽちくりありがとうございます。
ところでぶるーまんって息子さんなんですか?
Posted by ひろ* at 2012年04月30日 01:37
>Jさん

三位までだって大変な道のりです。
応援よろしくお願いします!
Posted by ひろ* at 2012年04月30日 01:39
 鳥です。

 相手の立場は、重要ですね。
Posted by 鳥です。 at 2012年04月30日 02:54
>鳥さん

重要だと思います。すべての基本ではないかと。
あとは相手の思考回路とかも重要だと思います。
Posted by ひろ* at 2012年05月01日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: