2023年03月26日

札幌9棟目のテナントさんに対するテナントリテンションの実施。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。お金は入る量が増えれば出る量も増えるってとこが大変だ。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌9棟目のテナントさんが、このままいくと退去になるかもしれないという情報を

管理会社さん経由で入手しました。一時的なものっぽいので少し便宜を図ることに。



札幌9棟目は1室キツイのが空いていますが、それを除けば満室になっております。

正直なところ、この物件が満室になると私自身あまり考えていなかったので、

この素晴らしく嬉しい誤算は盛り上がっちゃう明るい話題です。いやまあ厳密には

満室ではないのですが、テナントさんがでかい家賃をたたき出してくれているので

他の家賃激安なお部屋が1室空いているのはもはや誤差であるという感じです。

(だからといって手は抜きませんけど)



テナントさんはテナントとその上のお部屋を借りてくださっています。

コロナ禍の中で居酒屋さんをオープンするというなかなかチャレンジングな方でした。

管理会社さんと一緒に一度食べに行きましたが、味はなかなか良かったです。

常連さんも既にいらっしゃってアットホームな雰囲気を感じたし、マスターのお人柄も

よかったので、近所だったら私も通いたいなーと思ったものでした。



テイクアウトも一緒にやっており、管理会社さんの担当の方がよく買って持ち帰って

いるそうですが、ご家族にも好評ということです。お店は最初の1年でまずダメに

ならないことが大事と言われますが、こちらは何とかそこは乗り越えてくれそうな

雰囲気を感じておりました。



とは言いつつも、実は1度滞納しそうになったこともあったのです。

プチ滞納で済んだので良かったのですが、大丈夫かなと一抹の不安を感じたものでした。



そんなプチ滞納のことなんてすっかり忘れていた昨今。夜中に携帯をふと見ると

札幌9棟目の管理会社さんからの着信がありました。おや、なんだろう?

入居申込とかならメールやLINEで来るのはわかっているので、少し面倒な話と

予想はできました。聞きたくないなー、というわけにもいかないので翌日折り返しで

お電話をした次第です。



管理会社さんのところに、札幌9棟目の居酒屋の店主から連絡があったとのこと。

鳥インフルエンザの大流行の影響で鶏肉が全然買えず、売るものがない状態で

売上が立たない。このまま売り上げが立たないと店が成り立たなくなる。

造作にも資金を投じているからできれば撤退したくないが、状況によっては退去や

造作譲渡の形で別オーナーを探すなどのことも考えている、という話だったそうです。



なんとも微妙な話になってしまいました。これはよろしくないですね・・・。



まず、店主はすごくいい人なので、私を不安にさせて良い条件を引き出そう、みたいな

ことは考えてないと思うんですよね。そこは大前提として理解はしております。

なので、本当に何かしら苦しいのだろうと思います。



ただ、別にニュースとか見てても鳥インフルエンザがそこまでクローズアップされて

いるようにも見えなかったので、そこまでの一大事になってるの?という疑問は

感じます。飲食素人なので素人考えになってはしまうのですけどね・・・。

こちらのテナントさんの看板メニューが鶏系なので、他の居酒屋さんと比べて

一大事なのはわからなくもないですが、世の中の鶏肉使ってる居酒屋さんはみんな

ピンチって感じにも見えないですし・・・。



ググってみると、確かに今年の1月くらいから鳥インフルエンザは流行していると

いうこと自体はつかみました。お取引されている鶏肉の仕入先が運悪く鳥インフルで

飼育頭数が減ってしまい、出荷して貰えないなどの状況はあり得るのかもしれません。

まだ開業して1年経ってないということを考えると、そんなに多くの鶏肉業者さんと

お取引されているわけではないでしょうし。



あとここで、過去にプチ滞納されているということが思い浮かんできます。

あまり商売が上手ではないのでは・・・家賃より別なところに資金を振り向けて

しまっているのでは・・・という感覚もなくはありません。



ただ、造作譲渡で新テナントさんを見つけて迷惑を掛けずに退去する方法も模索して

いるということから、無責任なことはしない真面目な人なのだろうという感じは

受けております。そんな人がなんでプチ滞納しちゃったの?という点はありますけど。

ひょっとしたら、ご自身が資金を投じて作った造作のお金を少しでも回収したい、

という気持ちの方が強いのかもしれないですね。あまり悪い風には考えたくないですが。



造作譲渡でオーナーチェンジに関しては、こちらとしては新しいテナントさんに

変わることのリスクもあります。新たに関係を作り直さないといけないとか、

そもそもルーズな人が入ってこないかとか、そういう面で不安な要素になるのも

また事実ですから・・・。



少なくとも、今の賃借人さんは人間性としては良い人なのは間違いないと思ってます。

ここは日常的に接している管理会社さんもそう感じていることから、感覚として

決して間違ってはいないでしょう。



そして、最大の問題として、今の賃借人さんが見つかるまでに3年以上を要したという

事実が一番重いです。それだけ引きが良くないテナントを2部屋も借りていただくための

労力を考えると、多少気になることがあったとしても、できるだけ退去にならないよう

ケアする方がトータルコストは安くあがるだろうと見ました。



それに、どこまで本当なのかは正直わからないですが、管理会社さんの仰ることが

事実であれば、ここを乗り切れば安定化するような気もしたので。この辺は細かいことは

ブログには書きませんけど、今回の問題は一過性なのかなと感じる内容ではありました。



こういった部分を総合的に勘案し、私からは3ヶ月30%賃料減額という案を

管理会社さんに出してもらうことにしました。過去最大級の鳥インフルエンザの流行とは

いっても、もう既に3ヶ月流行していることから、3ヶ月程度様子を見れば、

落ち着いてくれるんじゃないかな?と思ったので。



管理会社さんも、できれば今のテナントさんにそのまま借りていただく方が望ましいので

その提案はありがたいです、と仰っておりました。



飲食店経営の経験がある人とかから見たら、私の判断は甘いのかもしれませんが・・・

札幌9棟目のテナントさんは本当に苦労したので、気軽に出られると辛いのです。

軽いトラウマなもので、もうああいうのは味わいたくないなーと・・・。



早いところ鶏インフルが収束して、テナントさんが安心して商売できるように

なっていただきたいです。コロナが終わったと思ったら鶏インフルかい!という感じで

賃貸経営はいろいろあるなーというのを噛みしめている今日この頃です。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 12:00 | Comment(0) | 札幌9棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする