2019年11月26日

札幌出張の最後は管理会社の社長と懇親会&後日談。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。単三乾電池買わないと(備忘録)。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌最終日に、札幌6棟目&9棟目の管理会社さんと懇親会をしてきました。

札幌9棟目の工事の件、不満がある旨伝わったと思います。



今回は飛行機が最終便だったので、札幌を20時くらいに出れば良い感じでした。

だったら夜も早い時間の会合なら設定できる、と貧乏根性が頭をもたげてきまして。

札幌9棟目の見積が酷かった話もあるし、その件も含めてちょっと社長と話をするかと

思ってお声がけしました。割と直前での声かけでしたが、調整可能とのことでしたので

飲みながらざっくばらんにその辺会話したいと思い、本確定させていただいた次第です。



基本的には割とバカ話みたいなので終始盛り上がった次第でした。お気に入りの

ガールズバーの女の子の話とか、そんなのもありました(不動産屋さんは皆さん

そういう話題が好きですよねえ)。勿論、最近の市場動向の話もありましたし、

最近手掛けようとしている高級路線の民泊の話なんかもありました。ノールック買付を

入れてる案件に関して、皮算用通りにいかないんじゃないかと少し心配いただいたりも

しました(自社案件への誘導のためのセールストークの部分もあると思いますけど)。



で、工事業者さんの見積精度に対する不満について、やんわりとですがお伝えしました。

事情はあったかもしれないけど、保険金申請時に出して貰った見積に対して、実際に

工事をする前に上乗せしてくるなんて一番やっちゃダメなことでしょ、と。だいたい

全面交換する見積が面積間違えてましたと言って1.3倍に増えるって、どんだけの

精度の低さなんですかと。あの会社にはもう頼みたくない、と伝えました。



でも知ってるんです。社長とその会社さん仲良しだから、結局その業者さんの工事は

どうせ発生するんです。だからもし今度発生するなら、もう見積金額からびた一文も

変えさせないから、そのつもりで見積してこいって言うしかないかなあって。



社長も見積精度のまずさについては謝罪してくださいました。今後の対策については

特に明言はなかったですが、社長も今回の事態は一応まずいと思ってくれているはず。

でなければ、見積金額を全力で落とすよう業者さんと話はしていないと思いますから。



ま、スッキリはしないけど言うだけ言ったからもういいやと。そういうことで、

この話はおしまいにしようと思ったのですが、意外なところで火が付きました。



今回、部分工事でやる範囲って、裏面のこの範囲ですよねという話をしましたところ

「あれ?裏面全面じゃないかと思いますけど」と。裏面の外壁、まっすぐになっておらず

一部折れ曲がってくぼんでいる箇所があります。そこも含めて対応すると、お金がかなり

追加されてしまうからやらない方向で調整中という話を担当の方から聞いた覚えが

ありましたので、そうかと思っていましたが・・・まあ逆にやってくれるならその方が

ありがたいので、そうだったらいいなと思っていました。



そして昨日の話。社長から電話がありました。確認したら、私の認識通りで裏面の

一部しかやらないということになっていた、ということです。そしてその面を追加で

対応しようとすると、およそ60万程度かかるということもわかった、と。



社長からは、今回ご迷惑をかけたのでその分は請求しないから裏面全面でやらせて

ほしい、会社と下請は正直赤字になるけど、それでもかまわない、建物を良い形で

維持管理する観点からしても、裏面全面とした方が良い、という説明をいただきました。



でも私としては、そこはもう割とどうでもよくて・・・。

全面やれると思っていたので、見積が超高くなって全面できなくなったこととか、

そもそも保険工事の見積を間違っていてそれより高い金額を請求されそうになったとか

(結果としては管理会社の社長さんがそれを阻止してくれましたけど)、そういう

ところでこの下請業者さんに萎えてるんです。



どうせ一部しかできないんだったら、別に本当にピンポイントだろうがある程度やろうが

そんなところで贖罪されてもあまり気持ちよくないです。逆に言えば、そのくらいで

責任を果たしたと思われてもなあ、ということなのかもしれないです。

それに本当に悪いのは下請業者さんであり、管理会社さんにまで損をさせて対応をさせる

というのもちょっとどうかなと思った部分もあります。管理会社さんが被らず、全部

下請業者さんが被るとかだったら、またちょっと違った回答だったかもしれませんけど。



そんなことを考え、お申し出は丁重にお断りしました。管理会社さんに損をしてほしい

わけじゃない、そこまで被らせるわけにはいかない、それに本質的に工事範囲に対して

どうこう思っているわけじゃない、それ以前のところに納得できてないだけ、と。



管理会社さん、そう説明したらこの点に関しては取り下げるとのことでした。

そして意外な一言。



そうやってこちらサイドを気遣ってくださる気持ちは嬉しい、でも建物の裏面の補修を

全面やった方が管理会社目線では好ましいと思う、だからやっぱり工事はやりませんか、

損させたくないという話をしてくれるなら、原価までは管理会社と下請で頑張るので

そこからはみ出した分を一部負担していただくとかそういう形で、と。



・・・あれ、なんで無料でやることを断ったら、私がお金を出す話になってるんだ?

なんか論旨がおかしいような気もするけど(汗)



ちょっと戸惑いましたが、ここでお金を出しておいた方が変な形で贖罪が終わったと

思われないような気もしましたし、確かに少しの追加費用で施工面が増えるのであれば

それはそれで悪くはないです。でも原価でやるって言うだけで、だいぶ譲歩したから

贖罪は済んだとか勘違いしないかなあ。いやいや、こっちから全額負担を最初に断って

いるから、そこはきっと大丈夫かなあ。



なんか最後、社長にちょっとうまく丸め込まれたような気もしますが、搾取するような

社長ではないのはわかっているので、まあいいやとこの提案を呑むことにしました。

裏面の一部だけよりは、裏面全面の方が建物にとってはいいと思いますので。



一応、私がけっこうイラっとしていることは社長にちゃんと伝わったと思います。

他のどこかでこの借りを返してくれることに期待したいと思います。

(売買とかで価格交渉頑張るとかそういうのがいいな〜)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:24 | Comment(0) | 札幌9棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする