2019年06月10日

やりたいことを見つけることができた恒志堂15周年セミナー。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在23位です。本日、札幌よりなぜか福岡経由で帰宅します。

応援クリックよろしくお願いします→



佐藤元春さん率いる恒志堂さんの15周年イベントに参加してまいりました。

刺激と気づきにあふれたイベントでした。そして一つの決断をすることになりました。



恒志堂15周年のセミナーは、佐藤元春さんの講演を中心に、彼が感じたことを

言葉以外のメディアも活用して全て伝える、というものだったのかなと感じています。



セミナーの内容は過去に開催されたセミナーから、そぎ落としたり肉付けしたり

したものでした。そこまで言っちゃう?というプライベートな内容や赤裸々な内容も

含まれており、そんなことがあったのかとびっくりしたり、みんな似たような失敗を

しているんだなと安心したり。



元々、元春さんのセミナーは「自身の過去/現在/未来」をテーマにした動画が

上映されるなど、言葉以外のメディアも活用する傾向があるというのは認識して

おりました。今回はそこに「音楽」という聴覚を刺激する要素を加えてきました。

フルート奏者の方が率いるバンドによる生演奏、女子高生エレクトーン奏者の

826askaさんによるミニライブ(不勉強にて今回初めて知りましたが、奏者の技術は

もとより、今時のエレクトーンってこんなにすごいんだと驚愕しました)など、

元春さんの言う「五感に訴えかける」というポリシーに基づいた内容であったと

思います。



感動を与える仕事をする、と常々仰っておりますが、感動を与えることができる人は

感動を与えられるということにも敏感なのだなあ、とセミナーを受講しながら感じて

おりました。



何かを決断する時に後押ししてくれた曲、社員との団結をはかるための曲など、

様々な局面で「音楽」に心を揺さぶられ、その音楽が与える感動によって、事業の

方向性や今後なすべきことを決めるシーンというのが多々あったように感じました。

セミナーの途中で、その時の元春さんに影響を与えた曲が生演奏で奏でられる、

という演出があり、これほどの人の方向性を後押ししたり変えたりする音楽という

メディアの持つ可能性を改めて感じました。こればかりはAIにはできないよ、と。



前述のエレクトーン奏者の826askaさんに関しては、T-SQUAREのTRUTHの音源をYoutubeで

探していたらその動画が見つかり、感動してずっとファンだったということです。

落ち込んだ時や気分を切り替えたい時に、感動を自身に補充するためにYoutubeという

メディアを活用されている、というお話をされておりました。



ちなみにTRUTHはF1のテレビ中継のオープニングテーマとして採用されておりましたので

そこそこの年代の方は聞けばわかると思います。

せっかくなので動画貼っておきますね。







蛇足ですが、私も中高生の頃はF1が大好きで、夜中に眠い目をこすって全16戦を

ずっと見てましたし、F1速報とか雑誌でよく買ってました。やたらサイズがでかい

雑誌だったけど、あれなんであんな大きさだったんだろう。で、高校〜大学の頃合いは

バンドやってまして、T-SQUAREのコピーバンドとかやってた時期もあります。私自身も

けっこう思い入れの深い曲ですし、今聞いてもぞわっとする時があります。



元春さん曰く、事業家として成長したタイミングは、自分や家族の利益のことだけを

考えている時期ではなく、周りと利益を共有したいと心の底から思った時だ、とのこと。

私自身はまだ器が小さく、せいぜい自分の想像が及ぶ範囲で、関わる人が全て幸せに

なれるようにというレベルでしか考えることができておりませんが、与えることで

何かが返ってくる、というのは情報発信をし続ける中で理解しています。周りから見て

本当にうまくいっているかはわかりませんが、私が考えられる範囲では三方よしの

精神でやっているつもりですし、今後もそうしたいと考えています。その考え方自体は

きっと間違えていないんだろうなと思った次第です。



それと、私も過去に音楽にどっぷりとハマり、音楽から感動を受けていた時代が

ありました。元春さんもこれだけ音楽から感動やインスピレーションを得ている、

ということがわかり、音楽の力の偉大さを改めて感じました。



くしくも今、私の中では音楽熱が再燃しています。学生時代に何十回とライブに通った

バンドが17年ぶりに再結成します。それも再結成が発表されると同時に発表されたのが

北海道のロックフェスに参戦するということ。そういえば解散したのも北海道でした。

そして私が不動産賃貸業を始めたのも北海道です。こじつけだと思いますが、これもまた

どこかで何かが繋がっているのかもしれません。そんなこともあり、今ロックフェスに

参加する最近のバンドの音源をいろいろ聞いており、そこからまた新たな良い音楽との

出会いに繋がっています。



私自身に音楽を造る能力はありません。それは過去にバンドをしていた時期もあるので

よくわかっています。過去の音楽活動の末期は、どちらかというとDJとして良い音楽を

その場にあわせて自分の引き出しから引っ張り出し、自然な流れで紹介する活動に

重きを置いていました。



今、改めてそれをやりたい。DJとしてだけでなく、これから出会う感動を与えられる

アーティストを発掘して、自主レーベルでプロモーションして、感動を共有したい。

元春さんのセミナーやこのタイミングでの音楽への回帰など、様々な事象が融合した結果

そういう思いが確たるものになりました。



やりたいことができたとなると、会社に縛られている時間が勿体ないと感じます。

今までは別に会社の仕事もそれなりに充実していると考えていたので、特にそこに

不自由は感じていませんでした。でも、他にやりたいことができたとなれば、それは

足かせになります。



2年を目処に、自身が不動産賃貸業で食っていくに足る財務的な基盤を作る。

そして不動産賃貸業の傍ら、サラリーマン業の代わりに音楽事業をやろう。

そう決めました。大きな心境の変化です。



決めたからには、それに合致するよう行動したいと思います。

赤井さんからは「いや〜、財務健全化なんて似合わないことやめて、売却益で

フェラーリ買っちゃいなよ」とニヤニヤしながら言われちゃいましたが(笑)



あともう一つ。

今まで「不動産”闘士”家」と自己紹介やブログ説明、名刺などに書いておりましたが

今後は「不動産”闘志”家」に改めます。



極東船長(実はかつてバンドマンで、コンテストでクリスタルキングと競ったらしい)

から昨日のセミナーの前後で「闘士の士を志に変えよう」とご提案をいただきました。



闘士・・・戦士、主義のために戦う人

闘志・・・戦う意欲



言われてみて、改めて文字を並べて考えてみました。



「闘士」だと、戦うことしか考えていないような印象を受けます。

そこに大義があるのか、なんのために戦うのかがぼやけています。



「闘志」だと、戦う意欲を持つ理由があるように感じます。

志の為に闘う。自身に筋を通すための闘い。そんな印象になります。



先日の船長主催のZさんセミナーでも、志なき企業は滅亡するという話がありました。

これまでは自分のために闘うだけでよかったのかもしれませんが、今後のステージでは

自分の中に志を持ち、それを達するために闘う必要があるのではないかと思います。

そんなところの心構えを、船長が直々に示唆してくれたのかもしれません。



というわけで、肩書は「不動産”闘志”家」に変更したいと思います。

今後、志をもって事業に邁進する所存です。よろしくお願いします。



最後に、素晴らしいセミナーを開催してくださった佐藤元春さん、恒志堂の皆様、

協賛されたパーフェクトパートナー社さん、時間を共有いただいた参加者の皆様、

本当にありがとうございました。感謝いたします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:14 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

物件調査して内装決めて管理会社さん&清掃業者さんと懇親会。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在21位です。札幌は涼しくていいですわ〜。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は東京で物件調査やらカラーリングの選択やらして、その後札幌に移動して

清掃を引き受けてくださっている担当の方を交えた懇親会を開催しました。



朝起きてブログ書いて接骨院に行って荷造りしてから、スーツケースを引っ張りつつ

家の近所の再建築不可を見てきました。



お手頃価格で増築含めるとちょっと面積も広め、スペック上はありかなと思いましたが

今は買うのはちょっとなあという時期。じゃあなぜ見に行ったかと言うと、仙台法人の

代表の義母が「最近物件買ってないわねとややプレッシャーをかけてくるから(笑)

仙台法人ならまだお金は多少あるので、買うだけ買ってしまうと言う手はあるかなと思い

ちょっと行ってみた次第です。あと地場の業者さんが元付だったので、家からも近いし

先々を考えてご挨拶がてら、というところもありました。



ちょうどこの日は、東京11棟目の内装の色選びをする日でもありましたので、

どうせならと思っていつもの一級建築士の先生にもお願いして、現地調査に同行いただき

終わった後打ち合わせしましょう、という流れでお願いをしました。



現場に元付業者さんと施工業者さんと私の3名で集合し、現地調査開始。

どうやら増築は3階にされているようです。あー、そうきたかあ。



東京8棟目と同じように、戸建をアパートに変えるのが面白そうと思ったのですが、

この間取りだとうまくはまりません。変に広い部屋と変に狭い部屋に分かれて、

使いにくいお部屋が生まれそうです。



あと、再建築不可で回りに密集しているので、足場をかけられないから大規模修繕が

ままならないというのもマイナス。手前が更地になっていましたが、アパートが建つと

いうことだったので、きっとそこから再建築可能にするルートもなさそうです。



あと、立地もちょっと近隣の中では弱めの駅なので、その点もマイナス。



うん、今回はパス。決定。無理して買う時期じゃないです。それにこれからもこの手の

案件はきっと出てくると思いますので。ここで無理する必要はありません。現金だって

有言なのですから。



そんな判断をした後、施工業者さんとランチしながら東京11棟目の色を決めました。

テーマを「高級感」とし、ユニットバスは黒系の大理石調、キッチンパネルは

ダークブラウンの木目調、床材や建具の色はキッチンパネルに合わせたダーク調、

建物の外壁はつや消しブラックで、ドアもそれにあわせて黒系。ドアの縁だけ違う色に

することで、挿し色によるパリッとした効果を与える方向でやりましょう、と決定。



ここまで5分で決まりました(笑)

カラーリングは迷ってもしょうがないので、どんな感じに仕上げたいかざっくりとした

指示をだして、それなりに対応してくださるところが楽で良いです。いちいち色番号を

聞かれて指示しないといけないのは、私としてはちょっとめんどくさいのです。



あとは一級建築士の先生とその娘さんと3人で歓談して終了。

近所の駅まで送っていただきました。ありがとうございました。



そしてそこから私は飛行機で札幌に移動。夕方到着で、一度宿泊するところに荷物を

置いてから、管理会社さんと清掃業者さんが待つ居酒屋へ。



清掃の担当の方が半年前くらいに交代されたのですが、その後任の方にまだ一度も

お会いしておりませんでした。一度チャンスがあってアポを取ったんですけど、

前日の夜に夜更かしして飲みすぎて、起きられずにキャンセルしてしまうという

恥ずかしいこともやらかしてしまいまして・・・。どこかで会いたいと思ってました。



札幌5棟目、6棟目、7棟目、8棟目を清掃委託しており、そのうち札幌7棟目の

管理会社さんが個別に清掃業者さんと連携を取って物件の美観維持をしてくれて

いたそうなのです。そんなこともあり、じゃあ皆で飲みましょうという話をしました。



清掃の担当の方は賃貸仲介出身と言うことでしたが、その割にはおとなしい方で

真面目そうな印象。前任の方もきっちりした真面目なキャラでしたが、それよりは

もうちょっと砕けた感じもありました。



一次会、二次会、三次会・・・と結構長い時間を共有したので、お互いの人となりは

理解できたのではないかと思います。やっぱり、顔と顔を突き合わせて話をしないと

「誰だかわからない人」扱いで、いざと言う時に仕事がそれなりの仕事になってしまうと

思うのです。一度会って会話しておくことで、そういう誰だかわからないみたいな話が

なくなり、お互いのことを考えながら対応ができるようになるのかな、と。



今回は時間を取っていただき、ありがとうございました。

また是非こうして時間を取っていただければと思います。



そんな感じで、長距離移動を含めてこってりした一日でした。

今日は佐藤元春さんのセミナーに参加してきますので、そろそろ準備します!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

いい感じに段取りが整ってきた札幌9棟目のお申込。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在22位です。今日は東京物件の現地調査の跡、札幌に行って懇親会。

応援クリックよろしくお願いします→



喉から手が出るほど欲しい札幌9棟目の一番ヤバイ部屋のお申込。詳細届きましたので

内容を見ながら、基本受け入れつつもどこでリスクヘッジするか検討しました。



札幌9棟目。ノリと勢いで、将来土地として売れる高利回り物件という感じで購入。

立地としては、幹線道路沿いなのでそこは評価できますが、地下鉄からの距離が遠く

かつ競争力に欠ける間取りなので、賃貸としてはかなり苦戦が予想されました。



昨年10月に購入したものの、たぶん賃貸を埋めるにはかなり時間が必要だと判断。

焦らずじっくり腰を据えてやる方向で考える方針で、かつ費用はあまりかけずに

自然の流れに任せて埋めよう、ということで進めています。



お部屋のリフォームは最低限のクリーニングのみ。家賃は地域最安値。広告料は

営業マンがまあ最低限動いてくれそうな金額とする(それでも家賃が安いので、

家賃換算したら4ヶ月以上出す感じですね・・・札幌の広告料は恐ろしいです)、

という形で募集を始めた時点では5部屋の空室がありました。



テナントとその控室で、セットで2部屋。あとは1DK2部屋と1R1部屋の5部屋が

空室だったのですが、3月に1DKの2部屋に法人さんが一括申込。生活保護の方が

お住まいになるということでしたので、生活困窮者の方を支援する法人のようです。

これで残り3部屋となり、5月に入ってから1Rにお申込が入った、という流れです。

このお申込が無事に成立すれば、空室はテナント+1DKの2部屋を残すのみです。



5月のお申込は長距離トラックドライバーさんの仮眠室としてのお申込でした。

まだ詳細はいただいていなかったものの、この申込は基本的に却下できないと直感。

だって、部屋のスペックが絶望的に悪すぎるんですもの。正直、申込をいただけると

全く思っていませんでした。



・在来工法の昭和のお風呂で枡風呂

・在来工法のお風呂のタイルに無理やりトイレをくっつけている

 (バストイレ一緒なだけで、三点でもユニットでもない)

・たぶん15平米以下じゃないかと思われる狭さ



条件が悪すぎて、正直地域最安値でも厳しいだろうと思っておりました。

そこにお申込をいただけたのだから、もうこれは逃してはならないパターン!

多少難ありでもなんでもいいので、受けたもの勝ちと思っております。



そんなお申込の詳細が届きました。年収等々特に問題はなさそうなのですが、

やや気になったのは連帯保証人が「いとこ」になっていること。うーん、いとこ・・・

年収の面での問題というよりは、たぶん連帯保証人として機能しないんじゃないかという

懸念の方が大きいんですよね、この場合。



最悪滞納されたとしても、そもそもの家賃が激安価格です。被害はさほど大きくないし

このまま入れちゃってもいいかなあと思いました。ただ、札幌8棟目で保証会社さんが

ない状態での滞納からの明渡がめんどくさかったしお金もかかったので、入れられるなら

保証会社さんを入れたい。



管理会社さんに相談すると、そもそもの家賃が安いのと、仮眠室というたまにしか

使わない用途など考えると、初期費用は安く抑えたいと考えるだろうから、受け入れて

貰えるかわからない、と言います。



それであれば、更にオーナー負担が増えるのでこっちもしんどくなるけど、初回の

保証料はオーナー負担というところは武器として持ってもいいですよ、と伝えました。

リスクヘッジの意味合いで、万が一の時にやっぱり保証会社さんはつけておきたいです。

たとえそれで自分の持ち出しが若干増えたとしても。

できれば、初回保証料を支払ったらそれでおしまいってプランがあったはずなので、

そういうのを活用してほしいなあと思う次第です。そうすれば入居者様には退去まで

一切負担が発生しないので、費用は理由にならなくなります。



それでも断るなら・・・たぶん怪しい何かがあるんだろう、という判断になります。

ブラックとか家賃踏み倒しとか。



管理会社さんも了承して、保証会社さんをつけられるか確認してくださることに。

そして交渉の結果、借主さんが何とか保証会社さんをつけるということに対して

承諾してくださいました。管理会社さん、ありがとうございます!

あとは審査が通るのを待つばかり。通りますように。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:06 | Comment(0) | 札幌9棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

東京8棟目にまた申込が入りそうな予感。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在21位です。明日は東京で物件調査をしてから札幌へ出発します。

応援クリックよろしくお願いします→



東京8棟目、ここに来て好調です。申込が入るかもしれない、と管理会社さんから

電話がありました。どうなるかはわからないけど、入ってくれるといいなー。



募集を始めてから1年以上経過してしまった東京8棟目。コンセプトを重視した

物件なので、癖があることは否めませんが、それにしてももう少し早く決まると

思ってたんですけどねえ。ペット多頭飼いOKって他にあまりないから、目を惹いて

あっさり決まるんじゃないかと期待していましたが、意外とそうでもなかったです。



入居申込をいただくもキャンセルになったり、ご入居いただいたのに会社を辞めてしまい

数ヶ月で退去になってしまったり、そんなこともあったので残念でしたが、今のところ

7部屋中4部屋が稼働している状態です。



東京8棟目は手前に戸建、奥にアパートという構成です。戸建は3部屋のアパートに

改造しました。共同住宅への用途変更も行っております。以降、元戸建を1号棟、

元アパートを2号棟と呼びます。



どうも1号棟の方が人気がなく、これまで通算5名の方がご入居されましたが、

うち4名が2号棟を選んでいます。1号棟はわずか1名。戸建を無理やり割って

作っているので、間取りがバラエティに富んでいる1号棟より、無難な間取りの

2号棟の方が人気があるのでしょうか・・・。1号棟の方が陽当たりは良いけどなあ。

管理会社さんも「もっと1号棟の2階とか人気あってもいいと思うんですよね」と

不思議がっておりました。



ここまでに営業活動としてやってきたこと



・物件近隣のターミナル駅で営業

 →家賃が近隣相場よりかなり高いため、近隣仲介さんからの成約は全くありません。

  この方法はほぼ効果がなかったです。

・物件近隣のペットショップや動物病院で営業

 →チラシを置いて貰いましたが、こちらも反響はゼロでした。

・マイソクを、ペットの写真やコミュニティ要素を強く押し出す形に作り直し

 →これは効果があり、変更後に2件のお申込をいただきました。

・立地を問わず、ペットに強い仲介業者さんを営業

 →試みたばかりでまだわかりませんが、一度決めてくれたペットに強い業者さんは

  リピーターになってくれそうな予感がするので、効果はあると思います。



家賃が高い物件なので、その家賃でも住みたいというコンセプトに惹かれる方を

どうやって見つけるかがポイントになります。少なくとも、物件の近所だと相場から

考えて誰も入ってくれない状態になるので、もっと家賃相場が高いところから

「立地は希望と違うけど(相対的に)安いからここにしようか」という形で流して

貰う必要があると思います。



あるいは、地方から出てくるパターンも多いので、社宅代行会社さんに営業するとか

地方の不動産屋さんに営業するとかもいいのかもしれません。過去の通算5名の

入居者様の中で、転勤で地方から出てきた方は2名いらっしゃいます。いずれも

ネットでうちの物件をみて問い合わせてきているようです。ネット掲載の強化は

勿論必要ですが、地方の業者さんというのも一つの手かなと思った次第です。

(営業コストもかかるので、他のやれることを先にやってからですけど)



この間、営業活動をしてきた後、そんなことを考えていました。



そんな昨日のこと。いつものようにサラリーマンのお仕事をしていると、携帯に

着信がありました。たまたまトイレに行こうと離籍していたところなので、

電話に出られるじゃないかと思って取り出してみると、先日一緒に営業に行ってくれた

管理会社さんの賃貸担当のスタッフの方からです。いい話だといいなと思いながら

電話に出たところ「東京8棟目に入居申込を検討している方がいます」とのこと。

おお、素晴らしいじゃないですか。



「条件交渉をされているのですが・・・」と若干言い出しにくそうに切り出してきます。

家賃の減額だったら基本的には受けないよ!?なんかけっこうえぐい交渉なのだろうかと

少しドキドキしながら続く言葉を待ちます。



「入居時期を7月●●日にしてほしい、と仰っています」



1ヶ月ちょっと入居まで時間が欲しいと言うことみたいです。なんだ、それなら全然

問題ありません。もっとえげつない交渉かと思ってました。即OKしたら、かえって

管理会社さんの方が戸惑ってる感じになってました^^;



入居日の交渉をしてくるということは、かなり確度は高いとみても良いでしょう。

先方もそんなに時間がなさそうだったので詳細は聞きませんでしたが、なんとなく

期待してもよさそうな予感がします。



先日の申込に関しても、順調に進んでいるようです。入居者様とのLINEグループに

近々入居される人がいるので顔合わせやりましょうというメッセージを送ったら、

入居者様から「それであの部屋に先日電気がついていたのですね」という返信が

ありました。今回はドタキャンなしでうまく進んでいるようです。



ドタキャンと数ヶ月での退去がなければ、もうとっくに満室でした。

うん、やっぱりここは心の満室ということで。勿論富山1棟目も心の満室だよ!

もう全部屋心の満室でいいか(違)



ここのところ、時季外れの割にちょいちょい空室が埋まっていますので、この良い流れを

維持できるよう、私も管理会社さんとの連携をより緊密に行いたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:38 | Comment(0) | 東京8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

東京12棟目(仮)の決済準備を進める。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。なかなかいいわ、Spotify。来週の出張はスピーカー持ってこっと。

応援クリックよろしくお願いします→



東京12棟目(仮)の決済日が来週火曜日に決まりました。現金決済だから準備自体は

少なめなのですが、忘れていたことがあり来週少しドタバタしそうです。



東京12棟目(仮)はメインバンクさんでの融資が否決されてしまいましたので、

先日東京4棟目を売却した時の手残りでとりあえず決済する方針としています。

この分に関しては、いずれバックファイナンスでお金を借りようと企んでいます。

少なくとも東京12棟目(仮)の修繕費くらいは借りておかないといかんだろうなあ。

新規開拓でもしてみるか、それとも無難に取引行でまとめておくか・・・。



まあそれは決済したら悩めばいいことであり、今は決済までにやるべきことの話です。



売却して現金が出来たので現金決済する、と元付業者さんにお伝えしまして、日程の

調整に入りました。そしていきなりこれが難航。私は月曜もしくは金曜が出張の調整を

しやすいのですが、先方は週の半ば・・・火曜日・推奨日・木曜日のいずれかでないと

会社を休みづらいということで、全く意向が合いません。



売主さんも普通の会社員の方で、ご両親がお住まいになっていた実家を相続したので

処分しなくては、ということでの売却になります。サラリーマンとしても結構忙しく

されているようですので、日程がなかなか調整できないのは仕方ないでしょう。



しかしまあ、私もそれだと困ってしまうわけで・・・。どうしたものだろうか。

私も会社の仕事で出張していることが多く、今はお休みを取るのも一苦労です。

取れるとしても、週の真ん中とかだと東京にいないので、休みを取って自腹で東京に

戻り、休みが終わったらまた出張先に戻る、ということをしなくてはならず・・・。

お金もかかるし体力も使うので、できればそういう展開は避けたいと考えています。



先日決済した東京11棟目も現金決済だったのですが、こちらは土日でもいいですかと

打診したところ、土曜日でいいですということで決済を土曜日にさせていただきました。

今回もその作戦でどうかと相談しましたが、仲介業者さん的には土日だと登記がすぐに

動けないので、平日がいいのではないか、と・・・。



ほんと合わないけどどうしようかな、と困っていたところに、ふと思い出しました。

今週末は札幌で、翌週月曜日はお休みを貰っていたことを。お休みの翌日の火曜日なら

出張に行く前に決済できそう。もうここしかない。その日程で打診したところ、

売主さんもOKということで無事に調整できました。よかった、ほんとに。



決済日が無事に決まったので、次は決済場所です。東京4棟目を売った時や東京7棟目を

現金で買った時は、お金をすぐに引き出せるようにお金が入っている口座のある

金融機関さんで場所を借りて決済した記憶があります。その理論でいくと、今回は

売却した時の売却代金が入金されている金融機関さんを指定することになります。



これだけは売却の決済前に意識していたので、家から一番近いメインバンクさんを

入金口座として指定しておきました。メインバンクの担当さんにお電話をして、

この日会議室を貸してほしいと依頼し、快諾いただきました。事前に精算書を送って

くれるなら、送金伝票も書いておくと言ってくださるサービスっぷり。

先日融資を通せなかったことを気にしてくれているのかもしれません。



場所は借りる目処がついたので、次は司法書士の先生です。売主さんの指定は特に

ないということでしたので、今回の仲介業者さんの担当の方と私の共通の知人である

先生に依頼するのがスムーズだろうと判断。その提案を仲介業者さんにしたところ

やりやすいので是非それでお願いします、ということになりました。



こちらから先生に連絡を取り、日程の確認と登記をお願いしたい旨のみ伝達。

日程的にOKということでしたので、詳細は仲介業者さんと直接連絡を取って

手配していただきたい、ということをお伝えしました。これで司法書士の先生はOK。



それから火災保険です。見積は以前より取得してあったので、いつもの保険代理店さんに

手続きを依頼。先方の事務所と私の自宅がさほど遠くないこともあり、いつも対面での

契約をしていましたが、今回は予定の調整がつかず、郵送でのやりとりになりました。

こちらは出張から戻ったら対応する感じになると思います。



あとはまだ連絡を受けていないけど、購入名義になっている東京法人の登記簿と

印鑑証明がきっと必要なのでしょうけど、ここはまだ仲介業者さんから当日の精算書と

持ち物の案内が来ていないので、何枚必要になるのかがわかっておりません。

まあきっと週の半ばくらいに届くだろうから、金曜日にでも嫁ちゃんに取りに行って

貰おうか・・・と思っていたのですが・・・。忘れてましたよ、嫁ちゃんが今週後半は

仙台に帰省してしまうことを。誰も取りにいけないじゃない(汗)



当日の朝急いで取りに行くか・・・。法務局って駅から遠いところが多いからなあ。

決済する金融機関さんに10時に戻るには、9時までに法務局に行って手続きをしないと

やや厳しいです。かなりドタバタになりそうな予感しかしません。参ったなあ。



・・・と思っているところで思い出しましたよ。法人の謄本と印鑑証明であれば、

札幌で取得してくればいいじゃない、と。今回は札幌に月曜のお昼まで滞在するから

法務局は空いています。そして動線的にも、札幌駅のすぐ近くという好立地なので

立ち寄ることは容易です。東京の法務局って、変な駅が最寄でしかも駅から微妙に

距離があることが多いのです。札幌はなんでこんなにいい場所にあるんだろう?

いずれにしても、札幌で取得するのが一番早いという結論になりました。



え、郵送で取得すればいいんじゃないかって?どうしようもなければそれを考えたと

思いますが、出張先であれこれ印刷して準備するのって、できなくはないけど結構

めんどくさいから、あまりやりたいと思えないんですよねえ。てか、ちゃんと調べて

いないから、封筒や印刷が必要かどうかもわかっていないというのが正直なところです。

調べないで書くとか、食わず嫌いにもほどがあるって言われそう^^;



確か、法人の登記簿と印鑑証明書は委任状とか不要だったよね、印鑑カードだけあれば。

納税証明書は委任状が必要だけど、こっちは不要。確かそうだったはず。失敗すると

当日朝ドタバタすることになるので、しっかり準備していこうと思います。



当日の持ち物リスト、今日出てこなかったら仲介業者さんに電話するかー。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:47 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする