2018年11月02日

境界確定の立ち合いを依頼されました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。今日も殺人的スケジュールなので更新は手短で。

応援クリックよろしくお願いします→


測量をするということは、不動産が何かしら動くということ。

あわよくば・・・と思う気持ちがないわけでもなく。



昨日、家に帰ってきてポストを見ていると、封筒に切手が貼られていない郵便物が

入っておりました。私の名前が書いてあるので、うち宛で間違いはないようです。

しかも、封筒自体がビニールに入れられており、そこには便箋も一緒に入っています。



便箋を見ると「先ほどはありがとうございました」という書き出しから始まるお手紙。

先ほど何もしてないけど・・・?というか、先ほど以前に一体何者!?

疑問符ばかりついている状況です。



家に入って便箋の中身を読もうとしていると、嫁ちゃんがよこからそれをのぞき込み

「あ、さっきの人のお手紙か」と言います。あれ、知ってるの?ということはお手紙の

「先ほどは・・・」のくだりは、嫁ちゃんに向けて書かれたものみたいですね。

家の前でその家の人に声を掛けられ、境界確定したいので立ち会ってほしいと依頼を

されたので、よくわからないけど快諾したといったところのようです。



読むと、どうやら境界立ち合いをしてほしいようです。道路を挟んで反対側の家ですが

こっち側との間に道路があるから、うちとの境界確定が必要とは思ってませんでした。



添えられた公図を見ると、やはりその家と自宅の間には地番がない道路があります。

地番がないということは公道ということなのだと思いますが、それが間に挟まってるから

境界確定をうちとの間でしないといけないのかしら?今一つよくわかりません。



日程は私が立ち会えない日で、嫁ちゃんは「私が立ち会う」と言ってました。

声を掛けられたのが嫁ちゃんなので、自分で対応しようと思っているようです。



「うちの土地が小さくなるような結果だったらOKしちゃだめだよ」と伝えたところ

「そんなのわからないじゃない」と困っておりましたので、境界石がなくて今回の

測量結果を受けて境界石を新規設置したいと言われたら要注意だよとだけ伝えました。

(他、助言したことが良いことがあればコメントください!)



境界確定の対象になる家は、アパートのようです。けっこう築古のニコイチアパート。

家の前のアパート・・・廉価で売りに出るなら欲しいなあ・・・。測量するということは

何かしらその物件に関して動きがあると言うこと。売却もしくは相続と予想します。

なぜ測量するのか、嫁ちゃんに確認しておいてもらおうっと。



もし売却だったら、価格次第では購入したいと最初から話をしてしまった方が

いいのかしら?それともさりげなく聞き出すだけにとどめた方がいいのかしら。

欲しい欲しいオーラを出すと足元見られそうですから、ツンデレ風(?)にアプローチを

かけた方がいいのかなとは思いますけど。



・・・とりあえず謄本だけはあげておこう。所有権っぽいし。

自宅の対面の築古アパート、何かあったら動けるように準備したいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:42 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする