2018年04月19日

太陽光発電のメンテナンスの手配。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。今日はもしかしたらビックリな連絡があるかも・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



サラリーマンの仕事に引きずられ、なかなか不動産活動に時間を割くことができませんが

そんな中でもやるべきことはやらないといけません。というわけで、草刈りの発注を

シルバー人材センターさんにさせていただきました。



仙台法人で運営している野立て太陽光発電、昨年はあまりお天気がよろしくなかったため

発電実績は初年度を下回ってしまいました。この点は残念なのですが、自然が相手なので

仕方のない話だと思っています。文句を言ったところで太陽が照り付けてくれるわけでも

ありませんしね。



無力な人間にできることは、太陽が照り付けてくれた際に最大限の発電効率を確保できる

ように準備をしておくことだけです。



太陽光発電の大敵は「日陰」です。太陽光がパネルに当たることで発電するのですから

至極当たり前な話なのですけど、とにかくパネルに日陰を作らないことに尽きます。



そういう観点で言うと、意外と大事なのが草刈りです。草刈りを怠ると、パネルに陰を

作ってしまうくらいの高さまで雑草が生い茂ってしまいます。これが意外と発電効率を

悪くする、ということでした。



仙台法人で所有する太陽光発電所では、毎年以下の対策を行っております。

1.定期的な草刈り

2.クローバーの種まき



1は言わずもがなです。だいたい5月〜10月くらいの間はシルバー人材センターさんに

依頼をして敷地内の草刈りをお願いしております。シルバー人材センターさんは費用が

安い割には仕事が丁寧でありがたいです。敷地が1000坪以上あるので、民間の

業者さんに頼むと非常に高額になってしまうため、当初はどうしたものかと思って

おりましたが、シルバーさんはとても安い見積だったので、それ以降ずっとお願いを

している次第です。



2はそもそも「背の高い雑草を減らそう」という作戦です。要はパネルよりも高く

雑草が生えなければ良いのです。クローバーは繁殖力が強くて背丈があまり高くならず

太陽光発電所のグラウンドカバーとしては最適です。地面にびっしりと生え、他の雑草を

生えさせなくする効果もあるということですので、うまく群生してくれれば草刈りの

頻度を減らすことが出来るという目論見もあります。



しかし、毎年種まきしているのですが、ここまではなかなかうまく繁殖させることが

できずにいます。もう何年か頑張ってみて、ダメだったらグラウンドカバーで草刈りと

同等の効果を得る方式は諦めようかな、という気持ちです。



今年は義母が「自分で種まきしてくるわよ」と言うので、任せました。

終わった後「こんなに大変だと思わなかった」と言っていたので、来年からはまた

シルバー人材センターさんにお願いしようと思います^^;



それと、シルバー人材センターさんにお願いしている作業として、フィルターの清掃が

挙げられます。パワコンが入っている箱の中にはフィルターがあります。フィルターの

清掃をこまめにやった方がいい、と大家仲間の友人や太陽光発電の業者さんから助言を

受けましたので、シルバー人材センターさんに草刈りのついでにやっておいてもらうよう

お願いをしております。



エアコンもフィルター層時をすることで効率よく部屋を適温にすることができます。

たぶんそれと同じなのでしょう。汚いフィルターではフィルターの役目を果たしません。



定期的にやっていることと言えば、そのくらいです。

あとはたまにある故障に対応するだけ。まあ気楽と言えば気楽です。

また高利回りで仕込めるなら、やってみてもいいなあと思うんですけど、最近のだと

業者さんのパッケージもので利回り10%とかが多くて、あまり面白くないです。

15年ローンしか引けないわけだし、ちゃんと儲かるものを仕込みたいですね。

ま、無理してやることでもないので、良い話になりそうな情報を得たら考慮する、

といったところでしょうか。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:41 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする