2018年01月25日

抵当権抹消書類に関して呑気に構える金融機関さん。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。色々あって気乗りしないため、手短になりました。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



借り換えが完了した東京2棟目。残る作業は小口借入を1本返済するだけです。

・・・と思っていたのに、なぜか物件本体の借換元の金融機関さんから電話が。



なんだろう、別のフリーローンの勧誘かな?などと思って電話に出てみると、

向こうの担当者さんは「先日のお借換の件ですが・・・」と切り出してきました。

はて、なんだろう?



「抹消書類を早く取りに来ていただきたいのですが・・・」



え、まだその話終わってなかったの!?

前にブログに書いた通り、一括返済当日に抹消書類を取りに行くのか郵送するのかで

見解が異なる借入元と借入先、という話がありました。

あの後すぐに借換先の担当の方に連絡を入れ、相談してくださいねと伝えたたんだけど

その話が伝わっていなかったのか?



借換元の金融機関さんとしては、大事な書類なのでいつまでも支店に置いておきたくは

ないので、郵送させてもらっていいかと申し出てきました。元々郵送と言う話だったと

借換先の金融機関さんも言っていたので、それでこちらは特に問題ありません。

郵送して貰うことにしました。



借換先の担当者さんにお電話して状況を話したところ、この担当の方は借換元の

金融機関さんには連絡を取っていなかったとのことでした。郵送されるならそれでOKで

届いたら支店に持ってきてほしい、ということを仰っていたので、そのようにする方向で

考えております。



・・・それにしても借換先の金融機関の担当者さん、呑気すぎないか?(汗)

いくら抵当権は既に打ってあるとはいえ、2番抵当だよ!?1番抵当を抹消しないと

私に何かあった時困るんじゃないのか?と。



とりあえず郵送されてきたら、金融機関さんに提出してきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:05 | Comment(0) | 東京2棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする