2017年02月17日

売買契約締結につき、ほぼ売却は確実になりました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。不動産の仕事中に椅子に座ったまま5時間うとうと・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



購入に関してはなかなか融資がうまくいかずに苦労しておりますが、売却に関しては

買付もいただき、順調に進んでおります。



札幌1棟目は特に順調です。前々より、まあこの金額で買付貰えればラッキーだなと

思う金額でこっそりと売りに出しておりましたが、相場より高めで出していることから

買付はたまにしか来ない、来ても指値、満額だと融資が通らない、みたいな感じで

なかなかお話が成立しませんでした。しかし、札幌6棟目を売ってもらったところから

「うちなら売れます」と自信ありげに言われたので、お任せしてみたら翌日には

若干の指値で済む、ほぼ現金の買付をゲットしてきました。すげえなあ。



そんな話を前回のブログで書いたような記憶があります。

その後この買付はどうなったか?さらっと時系列に書いてみようと思います。



まず最初に、管理会社さんに買付を貰ったことを連絡しました。管理変更したばかりで

いきなりまた管理変更というのも申し訳ないとは思ったので、真っ先に連絡したのです。

先方からは、管理替えの時に売却の話も出ていたので覚悟はしています、とさわやかに

言っていただけたので、ちょっとだけほっとしました。



その上で、買主様に渡すために、現在の賃貸借契約書(駐車場も含む)を準備してもらい

PDFで貰って、それを買主様にお渡ししました。



次に、民間住宅活用型セーフティー補助金の件。こちらは管理会社さんとお話をして

条件を引き継いでもらうということで話をつけました。



それから、既存借入行への抵当権抹消の依頼をしなくてはならないということで、

久しぶりに某サラリーマンに優しいカタカナ銀行さんに電話しました。私の借入が

だいぶ増えたので、もうこの銀行さんでは融資して貰えない(実際審査に持っていっても

ダメでした)ということで、しばらく連絡をしておりませんでした。



対応してくださった方に事情を説明して、抹消の手続きをお願いしたいと申し出たところ

「うちも困るので、できれば事前に相談してほしいんです」とかいきなり上から目線。

そして、最近は売却の話が多くて、事務手続きもパンクしそうだから時間がかかる、と。

2月初旬に話をしているのに、2月中にできないかもしれないと仰せでございます。



相談云々に関しては、趣旨がよくわからなかったものの、こちらの言い分としては

そもそも審査に持っていっても貸してくれない金融機関さんということになるなら

これ以上こちらとしてもお付き合いするメリットはありません。融資の相談に乗って

貰えない以上、事前に相談する義理もないです。



そんなに言うならどうしたら今後融資を私がしてもらえる可能性があるのか、そういう

具体的な話をしてくれないと、相談もへったくれもないですよ、ということを伝えたら

しばらくして「こことここをどうこうしたら、検討できる可能性はあります」みたいな

ことを言ってきました。そしてそこに続いて出てきた一言が衝撃。



行員さん「なお、金利は0.2%上乗せになります」

ワタクシ「それはなぜですか?」

行員さん「以前、金利交渉をされているので、その分の上乗せです」



えーっと・・・・・・

金利交渉って言いますけど、借り換えのご提案を他行さんからしてもらった際に、

いきなり通知なく借り換えというのも義理人情に反するからということで、その事実を

伝えたところ、そちらが金利を下げてくださったんですよね?それを金利交渉と?

そんなこと言われるならさっさと借り換えちゃえばよかったよ。



ちょっとどうかなーと思ったので、そういう趣旨のことをお伝えしました。

まあこの行員さんに言ったところで意味はないし、どうせ銀行全体として決まってる

ルールなんでしょうから、そんなところでストレスためたり負のエネルギーを出しても

いいことはありません。もうこの銀行さんとお付き合いすることもないでしょうし、

とっとと抹消書類を送ってもらって話を終わらせることにします。



続いて、売買契約書と重要事項説明書の内容確認。これがなかなかボロボロでした(笑)

どこかの契約書をコピペして作ったんだと思いますが、残代金だけ変な金額になってる、

プロパンなのに都市ガスになってる、非課税業者なのに消費税が計上されている、

建物面積が全然違う、などかなりレビューし甲斐のある(?)書類になってました。

社長も一人で何個も契約・決済してて大変なんだなあと思った次第です。

(売買系は全部社長がやっているという話なのです)



この時、土地建物の評価額を記載するかしないという議論もさせていただきました。

本当は特例の関係もあり、できるだけ土地値を大きくしたかったのですが、仲介業者様と

協議した結果、固定資産税評価額程度の比率で契約書に明記することになりました。



両手かつ両方とも管理物件のオーナーということもあり、どちらもそれなりに納得が

できる条件を提示せざるを得ない仲介業者さんの手腕で丸め込まれた感じです(笑)

まあ欲の皮を突っ張らせすぎても仕方ないですので、ここはその金額で妥協して

その分管理の中でいい思いをさせていただこうと思います。



契約自体は持ち回りで行いましたので、売主さんとは直接お会いしておりませんが

一度お電話にてお話をしました。感じのいい方で、物件も大切にしてくれるのでは

ないかという気がしました。

手付金も振り込まれ、融資特約もなし。売却は99%確実になったと思います。



10位に落ちて寂しいから、ここでご祝儀クリック!→人気ブログランキングへ



こちらも全力で保有するつもりで、外壁塗装とか汚水桝の勾配の調整とか、それなりに

手をかけてきております。出入りも少ない物件ですし、将来的に前面の土地を

買うことができれば、それなりの規模の新築マンションを建てることもできます。

立地も悪くないですから、利益はしっかりと生んでくれると思います。



・・・と書いて、購入時より高い金額で売却した自分のわだかまりのある気持ちを

正当化させることにします^^;;;



某カタカナ銀行さんの抵当権抹消のタイミングは3月にずれ込みそうですので、

所有権が移動するのは3月。初めて保有した物件で思い出深く、寂しい気持ちですが

次のステージに飛躍するための経営判断ということで、淡々と進めたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:49 | Comment(0) | 札幌1棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする