2017年01月26日

50%即時償却!太陽光発電で生産性向上設備投資促進税制の適用を目指す。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在6位です。ご祝儀クリックで順位上がった感じ?

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



以前、低圧太陽光発電設備を3月末までに購入したいなあということを書いてましたが

無事に仙台法人で1機購入できそうです。まだファイナンスアレンジ中ではありますが

購入できる前提で動きを加速させてく必要が出てきました。



いくつかの業者さんと低圧太陽光の取得について検討を進めてきました。

私の出している条件は以下の通りでした。

条件1:3月末で切れる生産性向上設備投資促進税制の申請に間に合うこと

条件2:利回りはNEDOベースの日照量で10%以上であること

条件3:信販会社さんのファイナンスアレンジができること



条件1が一番大きな話です。これをはずすと償却効果がだいぶ小さくなってしまいます。



生産性向上設備投資促進税制は平成29年3月末までの期間限定の制度となります。

この制度を活用すると、即時50%償却もしくは税額控除4%の恩恵にあずかれます。

利用できるのは青色申告をしている法人および個人事業主。



生産性向上設備投資促進税制の詳細がわからなかったので、経産省のページを見たり

既に申告を経験した投資家仲間の方に質問したりして、内容を把握しました。



この制度にはA類とB類があり、A類は一定金額以上で最新モデルであること、

生産性が向上していることが要件となるようです。設備メーカーから証明書を

受け取るだけでOKというシンプルな制度ですが、適用範囲が機器に留まります。

B類は基本的にA類と同じですが、生産性向上の数値目標が投資利益率に変わり、

事前申請が必要という手間がかかるものの、機器に留まらず設備がまるごと優遇の

対象になります。



太陽光発電もA類B類ともに投資家仲間の人が実績を作っているので、どちらでも

OKなのですが、手間がかかってもB類の方が節税効果は高いです。フェンスとか

エコめがねとかも対象になりますから。頑張れるならB類に取り組むべきです。

ただし、申請から承認まで1ヶ月くらいかかるようですので、今から考えるなら

相当準備良く進めないと間に合わないと思います。



ではB類をターゲットとするとして、どういう流れで進めていけばいいのか?

生産性向上設備投資促進税制を受けるためには、事前の申請書が必要になります。

申請書を経産省に提出し、面談を受けて承認してもらい、その後初めて設備投資を

実施することになります。事前に買って、後から申請はNGなのです。



申請のために必要な書類は経産省の各地方ごとの産業局を見れば掲示されてます。

関東ならこちら、東北ならこちら

これらの書類を準備し、税理士さんに確認書を発行して貰った上で、必要書類を

経済産業局に提出して面談してもらうことになります。



経験者の方に確認しましたが、この作業はかなり手間がかかるとのこと。

面談の予約も早めにとった方がいいと助言いただきましたので、早め早めで準備を

進めていきたいと思います。



そして、こちら側の準備だけではなく、業者さんも3月末までに設備の引き渡しを

してもらう必要があるため、そこに間に合わない案件だと困ってしまうわけです。

この制度のことをよく理解していて、こちらに対しての支援もしてもらえるような

そんな関係でいられる業者さんの選定も重要だと思っています。



条件2については、償却が主たる狙いなのでそこまで大きくこだわりませんが、

できれば単品でマイナスのキャッシュフローになるようなものは避けたいなあという

思いがあるため、一応入れてみました。



条件3については、たぶん民間の金融機関さんで融資を組んでいる余裕がないと

思われることから、とりあえず手間のかからない信販会社さんの提携ローンをさくっと

使えることを条件にしたいと思った次第です。



そんな3つの条件をうまく満たしてくれる案件が・・・出たんですよ。ええ。

懇意にしている業者さんからのご紹介で、関東地方の某県の低圧太陽光。24円案件で

設備投資額がそこまで大きくなく、ほどよく償却がとれるやつです。借地なのもグー。

底地を買うとなると利回りでないですから。



仙台法人で取得することになるため、お付き合いしている金融機関さんではまず融資は

出ないので、信販会社さんでの融資ということになります。お話をいただいた後、

これは積極的に検討しようということで、事前審査をかけてもらっておりました。



先日、その業者さんと打ち合わせをしてきました。



まず、事前審査については少々テクニックを使うことになるものの、何とかなるだろうと

いうお話でした。個人で通して、法人に切り替えるみたいな感じの動きを取ります。



そしてちょっと想定してなかったのが、その融資条件。賃貸の場合であっても、

融資期間分の地代を一括で支払うように、ということでした。それだと買取の方が

値段が安いんじゃない?ということで、土地は結局買取にすることにしました。

これで利回り10%はとれなくなりました^^;



また、信販会社さんが火災保険の内容にうるさいということでしたので、急ぎで

見積を出してもらい、信販会社さんにそれでOKかどうか判定してもらうことに

なりました。この間札幌6棟目(仮)のためにご足労いただいたのに、またまた

この件で動いてもらうことになってしまいました。ま、いいよね。見積ってことは

その先儲かるかもしれないわけですし!



更に、見積に入っていなかったのが「遠隔監視」「フェンス」の2点。

遠隔監視は入れておきたいところです。動いてないことに気が付かない、とかに

なると悲しいし、最近も高圧太陽光のトラブルがあったばかりですから。

フェンスについては、設置する場合も地型を考慮して全面でなくてもいいだろう、

という話になりました。設置しない人もいるからここは任意で良いそうです。



これらも組み込むと、残念ながら利回りは8%台まで落ちてしまいました。

うーん、まあでも償却取るためだから、ここは割り切ろう。そしてきっと、売電量は

NEDOベースなので、実際にはこれの1〜2割上回ったところに来るでしょう。

そこで何とか持ち出し無しで回ることに期待したいと思います。償却されて相殺される

税金の額の方がメリットがありますので。



そんな感じで、ここにきて急ピッチで太陽光の話が進んできております。

生産性向上設備投資促進税制への対応もあるし、今週は飲み会を自粛して資料作りを

しっかり進めることにします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:51 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする