2017年01月05日

フィリピンのコンドミニアムをAirbnbで回すために小切手を書く。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。サラリーマンのお仕事もエンジンかけてかなきゃ。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



引き渡しが完了したフィリピンのコンドミニアム、ひとまず固定費+αくらいの儲けを

出すために、Airbnbで回していこうと思っております。また、その固定費の支払について

お知らせが来たりしておりましたので、その辺についても書いてみようと思います。



まず、私の場合の大前提として・・・

恐らくAirbnbをしようが何をしようが、キャッシュフローはありません!(断言)

現金で買っているなら支払も少ないので良いでしょうけど、私はローンな上に

海外の高金利なやつですから、間違いなく支払の方が上回ること請け合いです。

ですので、チャンスがあれば早く売りたいというのが今のところの本音です。



ノリと勢い、あとは将来性を信じて購入しましたが、物件の将来の値上がりよりも

今の自分の安定の方が欲しくなってしまうくらい、払うことばかりで入ることが

ありません。5年後には値上がりして売却益が得られるのかもしれませんが、

そこまで我慢できるのかと自問自答すると、ちょっと怪しい感じがします。



インカムは期待せずに、現金で1戸買って、将来の値上がりに期待するという

スタンスならいいのでしょうが、月々のキャッシュフロー目当ての投資で考えると

完全に失敗です。当初の予定では、引渡前に売却できて、最悪売れなかったとしても

賃貸でインカムゲインが得られて何とかなるというつもりでしたから、両方とも

あてが外れてしまった、ということになります。



速やかに手放すべく、売却というところも一緒に動いておりますが、そうは言っても

当座の稼ぎを作っておかないと、電気代や固定資産税などがかさみ、本当にただの

赤字垂れ流しになってしまいます。そういうことを考慮し、今回は利益が少額でも

Airbnbで運用していくということを考えた次第です。



しかし当たり前ですが、Airbnbだって初期費用は必要です。家具家電の調達に

リスティングの準備、運営委託した場合の運営手数料も当然ながらかかります。

その初期費用を捻出して、果たして回収できるのかと言いますと・・・微妙かも?



しかし、売却するにも家具家電があった方が高く売れるという話もあります。

正直、お金をかけずに安く売っちゃった方がいいのではないかという気持ちも

なくはないのですが、どうせ売るにも家具があった方がいいということであれば

Airbnbをやるかやらないかに関わらず内装が必要になります。であれば、リスティングの

費用を負担するだけでAirbnbもできますという捉え方もできることでしょう。

何も入らないのも残念なので、運用することにした、という次第です。



上記のようなことを考えた上で運用代行会社さんを探し始めました。

しかし、そうは言いましてもAirbnb運用への対応ができて日本語対応できる業者さんは

かなり限られてしまいます。ここは昔からのお付き合いを頼り、日本人向けにAirbnbを

やってくれる業者さんに依頼することにしました。



そしてこちらの業者さんは、固定資産税や毎月の電気代などの共益費の支払も

代行してくれるというサービスを行っています。こちらもあわせて依頼することに

しました。



私の購入したコンドミニアムでは、諸々の支払の通知がポストに入るということです。

ポストを見ないで放置していると、支払が未払になり、ペナルティがどんどん膨らむと

いう罰ゲームのような話が待っています。それを防ぐためにも、ポストの中をしっかり

見てくれるサービスは是非付加したいところです。



そんなわけで、それらのサービス一式を契約することにしました。

そして当然ながらそのサービスの対価を支払う必要があります。



私はフィリピンの現地口座があることから、業者さんには「小切手」で払ってもらいたい

とリクエストがありました。小切手・・・現地でデベロッパーさんへの分割払の小切手を

一生懸命書いた記憶がよみがえります。



日本にいるとなかなか馴染みのない小切手。こちらの書き方をブログにもメモを兼ねて

書いておきたいと思います。



小切手には「支払相手(Ex: Pay To The Order Of)」「日付(Date)」「金額」「サイン」

を書く欄があります。これらをすべて埋めると、小切手を受け取った人が銀行の窓口で

小切手を書いた人の口座から現金を受け取ることができます。



金額は数字だけでなくローマ字でも書く必要があります。

例えば、15万ペソであれば「One Hundred Fifty Thousands Pesos ONLY」と書きます。

このローマ字で書くところがすごくめんどくさい・・・いつも間違えます。



もう一つ、私がわからなかったのが日付の概念。

日付の日と全く同じでないとお金を引き出せないのであれば、かなり慎重に日付を

決めなくてはなりません。しかし、その心配は杞憂でした。有識者に確認したところ、

日付は記載した日以降であれば有効ということです。極論を言えば、本日日付を書けば

だいたい事足りて安心、ということになります。



日本だと振込が多いので小切手ってあまりイメージがありませんが、そんな感じです。

海外での取引をする際にはきっと出てくると思いますので、誰かの参考になれば

いいなと思っております。少なくとも未来の自分には役に立ちそうです(笑)



Airbnbの準備費用と、月々の光熱費や固定資産税の前払金額を小切手に書いて、

業者さんに送付するところまでは対応しました。あとは口座にお金を送金して、

いつでもそのお金を換金できるようにすれがこちらの作業は完了です。



参考までに、フィリピンでの固定資産税の計算方法は以下の通りです。

まず、国からそのユニットの評価額がいくらか書いた書面が送られてきます。

(参考までに、フィリピンの固定資産評価額の計算方法はこちらにあります)

この評価額の2.5%を固定資産税として支払う、ということでした。

基本、12月に評価額が送られてきて、1月に一括で支払わなくてはならない、

というルールになっているそうです。



普通に生きてたら、海外送金とか小切手とか絶対に関わり合いはなかっただろうと

思いますので、今こうしていろいろな体験ができることを喜ばなくてはならない、

という風に無理やり良い経験風にまとめ、本日のブログを終わりたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:34 | Comment(0) | 海外不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする