2016年07月20日

所有物件に郵便物が届いてしまう時・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在25位です。今日は仕事するぞー。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日埋まらないからテコ入れだと書いた東京4棟目のお部屋に申込が入ったと聞いて

ちょっと浮かれているひろ*です。本人確認、在籍確認が終われば契約に進むという

ことなので、早く契約して気持ちを楽にしてほしい!と切に思います。



冒頭からそんな感じで少し浮かれている私ですが、今日のブログネタはちょっとした

小ネタです。知っててもいつ使うシチュエーションが訪れるのかというと、限定的な

シーンしかないよねーとは思いつつ・・・。



先日、東京5棟目にエアコンを配送してもらいました。東京5棟目は家の超近所なので

一度自宅に配送して貰ってから、現地に移動させたかったのですが、某大手家電量販店の

担当の方がそういうことは出来ないとおっしゃるので、じゃあ仕方ないということで

現地に配送していただきました。



その際に追加工事が出たのでお願いした次第ですが、その追加工事分の領収書が

東京5棟目に届いてしまったようなのです。気がついたのは東京5棟目のポストの中に

投函されたチラシを捨てている時。オレンジ色の紙で「この住所宛に郵便物があるけど

表札がないから届けていいかわからないよ」というお知らせでした。



私としては、今回のみ届けてほしいけど、それ以降は届けてほしくないと思っています。

この住所宛に来るもの自体そうそうないはずですが、今回のエアコンのようなケースで

私宛の郵便物が届く可能性はゼロではありません。



目の前のオレンジの紙には「はい、届けてください」「いいえ、違います」のような

2つの選択肢があります。はいにすると、きっと今後もこのポストに私宛の郵便物が

届いてしまうことでしょう。それはそれでちょっと違うんですよねえ・・・。入居者様が

ご入居された後、オーナー宛の郵便が届いたら面倒なことになりそうですし。



そんなわけで、郵便局に電話してみることにしました。今回だけ自宅に転送してもらう、

という方法はないですか、と。最初に電話に出たコールセンターの人は「そういう方法は

ないです」と冷たくあしらわれましたが、それじゃ困るんですと少ししつこくお願いを

したところ、現場の担当さんに電話を取り次いでくれました。



担当さん曰く「転居扱いにするのが一番スマートなやり方です」と。東京5棟目から

ひろ*だけが自宅に引っ越したという体で転居届を出してくれれば、望んでいる処理は

できるでしょうということでした。しかも、転居届は今はインターネットでも処理する

ことが可能ということです。へー、知らなかった!調べてみたら確かにありました。



e転居



早速試してみたところ、特に大きな問題もなくすんなりと転居届が受理されました。

転送開始日の指定が当日からではなく、2日後からしか指定できないのが難点といえば

難点かもしれませんが、それ以外は特に気になることもありませんでした。

便利な世の中になったもんだね〜。



こうして、無事に領収書は自宅に転送されてきましたとさ。めでたしめでたし。



あまり似たようなシチュエーションはないような気もしますが、何かの参考になればと

思ったので記載させていただきました。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:02 | Comment(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする