2016年05月27日

え、そうなの!?電力会社さんにメーター交換を依頼してみたところ・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在23位です。事業計画書、早く書かなくちゃ・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



週明けには結果が出ると言われていた地方新築の結果がいっこうに連絡が来ないため

ちょっとそわそわしてしまい、行員さんに結果を聞くために電話すべきかせざるべきか

仕事をしていてもそれが気になってそわそわしてしまう今日この頃な私です。



はたと足元に目をやると、もうすぐ東京5棟目のプチリノベーションが完成します。

予算の兼ね合いもあり、がっちりはやれなかったのですが、ピンポイントで特徴のある

お部屋作りを施工業者さんに提案してもらい、その流れに沿って進めてまいりました。



今回、外壁は全体塗装にせず、ピンポイントで木を貼って雰囲気を出すのはどうかと

ご提案をいただき、それを採用しました。おかげさまでちょっとかわいらしい雰囲気に

なったのですが、問題も一つでてきました。それは、電力メーターのカバーが古びた

ままになってしまい、やたらと汚らしさが目立ってしまうということです。

せっかくきれいにしたのに、これじゃちょっとなあ・・・。



施工業者さんに相談したところ、電力メーターは電力会社さんに相談することで

メーター自体を新しいものに交換してもらえるから、試してみるといいですよと。

ほうほう、なるほど。それであればこちらの費用負担もかからないのでいいですね。

電力会社さんにさっそく電話してみることにしました。



お客様相談窓口に電話を何回かかけてみたものの、なかなかうまくつながらず。

リトライすること数回にして、ようやくオペレーターさんに電話がつながりました。

かくかくしかじかでメーターを交換してほしいんです、という話をしたところ、まずは

メーターの状態を確認しますということで保留になり、しばらくしてから・・・



「メーターは1年前に交換しているようです」



え、だってボロいカバーかかってるよ?これで何がどう交換したという話なのさ?

わけがわからない私ですが、先方曰く中身はスマートメーターに1年前に変更して

いるので、メーターの交換はできない、と。



よくよく話を聞くと、「メーター」と「メーターカバー」は別物の扱いになるそうです。

話をごちゃまぜにしていたのですが、メーターは電力会社さんの所有物なのですが

メーターカバーは電力会社さんの所有物ではなく、施工店さんが設置する時につけている

ものなので、電気工事店に問い合わせてもらわないとわからない、と。



でも、電気工事店さんに工事の委託をしているのは電力会社さんなのではないのかしら?

メーターカバーの仕様って誰が決めているの?電力会社さんがメーターの交換を依頼し、

その指示に従い業者さんが対応していると思っておりましたが、メーターカバーだけは

その建物の利用者さんが仕様を支持しているとも思えませんし、ましてや電力会社さんの

メーター工事に利用者さんがお金を出してメーターの仕様を決めるとも思えません。



なんとなく釈然としないのですが、電力会社さんの見解がそうであれば、それはもう

飲み込むしかないのかなというところもあります。工事の発注方法が不明瞭だなあと

気になるものの、電力会社さんの施工範疇ではないとなれば、こちらで手配をして

カバーを変えるしかないです。



施工業者さんにその旨連絡したところ、先方もそういう切り分けであることは

特に把握されていなかったようで「確認します!」というお話になりました。

こちらについては、まだ結論が出ていませんので、対応するにしても引渡後になって

しまうのかなという風に考えております。



いやはや、それにしてもメーターとメーターカバーは扱いが違うとは夢にも思わず

驚いてしまいました。まだまだ世の中わからないことがいっぱいです。日々勉強です。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:34 | Comment(0) | 東京5棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする