2015年11月20日

マル経融資の承認がおりました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。Airbnbネタだからか、昨日はアクセス多かった。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



そういえばこの話書いてなかった、というものが1つありました。

マル経融資、無事に承認が出ました。それも満額で。



以前のブログで、マル経を申し込んだ話と、その審査の経緯の話を書きました。

順調に商工会議所の本部の審査を通過し、公庫で審査を行っている最中でしたが、

その結果が商工会議所の方から伝えられました。冒頭に書いた通り、満額でオッケーと

いうことになりました。これでリフォーム資金は万全の状態になりました。



マル経だと、利息の条件も通常で借りるより低いし、設備なら10年で借入できる、

というメリットもあります。普通に公庫に借りに行くと、設備の場合は7年くらいが

いいところで、10年はなかなかでません。しかし商工会議所経由マル経であれば、

問答無用で10年ということになります。



また、居住地の商工会議所によって条件は異なりますが、私の居住している区では

マル経融資の借入に対して、区からの利子補給があるということです。これも大きな

メリットではないでしょうか。



公庫からは書類で借用書類が届きました。これに署名押印し、収入印紙を貼付した上で

必要書類を同封して送り返すだけ。公庫に届いてから3営業日以降で振込が実施される、

ということです。店舗にすら行かなくて良い状態です。お手軽だなあ。



そういえば、前のブログでマル経融資と公庫の通常融資の枠の話を書きました。

マル経は通常の融資枠+1000万という話がオフィシャルサイトに書いてあります。

しかし、私が懇意にしている公庫の担当者さんは、マル経であっても公庫の通常の枠と

同じ扱いになるという話をされておりました。



どっちが正しいのかわからずにいましたが、今回満額で融資が出たということは、

やはり別枠は存在するということなのでしょう。私の申し込んだ金額は、公庫の

担当者さんが私に伝えてきた枠よりも大きかったからです。



この話に関しては、前にブログを書いた際に、不動産投資仲間からこんなことを

聞かされておりました。



・先に公庫を利用して、後からマル経枠を利用する場合は、マル経枠が利用できる

・最初にマル経枠を利用して、後から公庫枠を利用する場合は、マル経枠は活用できない



今回の結果は、上記を裏付けているように思います。

公庫の担当者さんは、すでに公庫から借入がある状況での話をしていたことになるし

今回の結果はちゃんとマル経枠が存在することを証明しているし。

やはり先人の知恵は偉大でした。



契約書類も返送したし、あとは振込を待つばかりです。

いやー、よかったよかった。



【お知らせ】

関東→札幌の大家会5周年記念の勉強会&懇親会、参加者募集中です。

参加資格は「関東に住んでいて北海道に収益物件を持っている」こと。

詳細はこちらをご参照ください。

http://realestatebusiness.seesaa.net/article/427919125.html


最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:01 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする