2015年11月09日

自分よりステージが高い人と話す機会を設けること。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在22位です。来週の決済の準備を出張が邪魔するんです・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日は終日事務作業を家でしていました。本当は一昨日やっつける予定だったのですが

不動産と関係のないところで緊急事態が発生したため、一日予定を後ろ倒しました。

一日頑張ったおかげで、ようやく税理士さんに試算表を作ってもらえるところまで

情報の整理をすることができました。また、ため込んでいたメールもあらかた片付き

ようやくほっと一息、といったところです。



さて、そんな私ですが、一昨日はとある大家の会の懇親会に参加しておりました。

だいたいは顔見知りの方ですが、中には初めてお会いする方もいらっしゃっいました。

普段は一度着席すると根っこが生えてしまい、あまりあちこち席移動をしたりしない、

というパターンが多いのですが、今日はなんとなく気が向いたので、ふらふらっと

あちこちの席を歩いてみることにしました。



そして、お話をしていくと、私が存じ上げなかった方の大部分が超ベテランの方でして。

10年以上のキャリアがある方、東京築古組の立ち上げ当初に在籍されていた方など

(しかも築古組の件はFacebookでお友達に教えてもらい初めて気が付く始末です)

キャリアが長く、成功されてステージも高いところにいる方ばかりだったのです。



大家の会やセミナーって、どうしても自分と同じステージの人が多い気がしています。

なぜなら、これから不動産を始めるぞという人や、不動産を始めていろいろな情報を

収拾したり人脈を形成していく成長期の人が、そういった場をより強く求めるからです。



ある程度の人脈と知識がついてくると、大家の会に出なくても、足しげく通っていた頃の

仲間と話せば事足りてしまうという側面が出てきます。ですので、わざわざ知らない人が

多くいる場に出ずとも良くなり、足が遠のいてしまうのだと想像します。



私も昔はよく不動産投資の書籍を購入していましたが、今はあまり買わなくなりました。

どの本も似たようなノウハウの再構成だから、というのもありますが、本を読んで

得られる知識が前に比べ減ってきたなあと感じるから、という面もあると思います。

ちょっとたとえは違うかもしれないけど、ベテランの方がその時活発な活動をしている

大家の会に出てこない理由と似ているんじゃないかと勝手に思っています。



こういったベテランの方と会話すると、なんとなく自分の中にある甘えのようなものが

払拭され、購入したての頃のピリッとした気持ちが蘇ってくるような気がします。



私は長期譲渡になった物件がまだ札幌1棟目だけという状況で、不動産投資歴としては

それほど長い部類には入りません。とはいえ、少なくとも5年以上の不動産歴があるので

なんとなく自分の中に慣れてきたことによっていい加減なやり方になっている部分や

多少の慢心はあるのではないかと思っております。



何がどうだからと具体的に言えないのですが、私よりキャリアが長く、普段あまり

大家の会に出てこない方と会話をすると、自分自身の中に密かにある慢心が払拭されて

常に挑戦者であることを改めて自覚できるような気がします。

(頻繁に顔をあわせているベテランの方だと、そこまでピリッとできないです・笑)



先輩の成功談や失敗談を聞くことは、たとえどれだけの不動産投資歴になったとしても

重要なことと思います。今はステージが違うとしても、将来そこまでたどり着くなら

そういった世界のこともおぼろげには把握しておかなくてはなりません。



自分よりステージが上の人と話す機会をできるだけ設けること。

不動産に限らず人生全般において大事なことではないかと思います。

今後とも意識していきたいと考えています。



一昨日の懇親会でご一緒させていただきました皆様、ありがとうございました。

そして、貴重な場をセッティングいただいた幹事様、深く感謝いたします。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:20 | Comment(2) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする