2015年10月20日

未登記の増築部分もちゃんと登記してね、と・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在25位です。今週は少しだけ仕事に余裕があるかもしれない。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



再建築不可物件の利回りが悪くなるかもしれない事象があり、ヒヤヒヤしていましたが

結果として特に何もないということでしたので、ほっと一息です。



再建築不可物件に関しては、ノンバンクさんから一部融資を受けて購入する方針です。

だいたい6割〜7割くらいの金額が融資で、残りが自己資金という形になります。

さすがに再建築不可物件でフルローン、オーバーローンは難しかったです^^;



そのノンバンクさんから、先日メールが届きました。



「販売図面に増築未登記部分があると書いてありますので、融資の前提条件として

 そこは事前に登記を済ませておくようお願いします」



なん・・・だと・・?

迂闊なことに私も見落としていたのですが、確かにマイソクを見ると未登記部分があると

記載されています。再建築不可なので、細かいことをあまり気にしておりませんでした。



物件の額が安いから、あまり経費をかけたくないのですが・・・金融機関さんから

こう言われてしまうと、対応しないわけにもいきません。売主さんにも価格交渉をして

だいぶ下げてもらっていますので、これ以上費用負担してとはなかなか言いづらいです。



仕方ない、ここは泣くしかないか。そう腹をくくり、仲介業者さんに連絡しました。

先方も、申し訳なさそうな雰囲気を醸し出しつつ、まずは現地に土地家屋調査士さんを

派遣して、どのように動くか決まったら改めて連絡する、という段取りを組んで

いただきました。



そして昨日、その件に関して仲介業者さんから着信がありました。

現地を土地家屋調査士さんに確認してもらったところ、増築している箇所は特にないので

登記する必要はない、という調査結果だったとのことです。



え、じゃあなんで増築未登記部分ありってマイソクに書いてあったんでしょうか?

そこについては、固定資産税評価証明書の中で、現況床面積と登記床面積がずれている

ことから、そのように書いたとのことです。おそらくですが、登記する必要がない

外の洗濯機置場の屋根(?)を都税事務所が建物面積に参入してしまっているだけでは

ないか、ということでした。



とにかく、土地家屋調査士さんの立場としては、今回の件で動けることは何もない、

ということでしたので、まずはその結果を金融機関さんに伝えて、登記の必要がないと

理解していただくことにしました。



もし金融機関さんが納得しないようであれば、次は都税事務所さんに連絡をして、現況の

床面積の記述が誤っていることを伝える必要があります。まあこれは、いずれにしても

どこかで伝えなくてはいけないですが・・・固定資産税が無駄に高くなっているという

話でもあると思いますので。



もし登記が必要となれば、10万前後のお金は出て行っていたのではないかと思います。

ちょっとヒヤヒヤしましたが、まずは費用が出て行く要因がなくなってよかったです。

昔から悪運だけは強い私です。



【お知らせ】

関東→札幌の大家会5周年記念の勉強会&懇親会、参加者募集中です。

参加資格は「関東に住んでいて北海道に収益物件を持っている」こと。

詳細はこちらをご参照ください。

http://realestatebusiness.seesaa.net/article/427919125.html



最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:46 | Comment(0) | 東京4棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする