2015年10月11日

都内再建築不可物件の決済日が決まりました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。今日は一日事務作業。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



都内再建築不可物件の決済日が決まりました。1ヶ月半後になります。



新設法人での契約も無事に完了し、ノンバンクさんに正式に融資申込を入れました。

価格交渉がきいたため、融資額がその分少なくなってしまいました(売価に対して

何割、という形かと思いきや、自己資金をいくら入れてほしいという形態でした)が

再建築不可でも資金調達ができるというだけで、むしろありがたいことです。



ちなみに金利は高いけど、年数は「20年〜25年で検討します」ということなので

キャッシュフローはしっかり出てくれそうです。再建築不可なので、資産価値は

無きに等しい案件です。たっぷり長期間の融資を引いて、じっくりお金を産んで

貰えればいいかなという感じです。



リスクヘッジとして、火災保険だけはしっかりとかけておかなくちゃいけないな、

ということで、保険代理店さんにはとにかくかけられる上限の保証金額で保険を

かけさせてください、というお願いをしております。それでも一年で1部屋分の

家賃の金額くらいなので、リスクヘッジとしては割安です。



さて、あとはこちらは自己資金の準備と融資の確定が済めば決済可能な状態になりますが

問題は売主さん側です。前にブログで書いたのですが、引越先を見つけてくれないと

決済ができない状態になっております。こちらも管理委託する予定の管理会社さんに

引越先を探してもらうよう依頼し、いくつか物件の提案をいただいておりました。

売買の仲介業者さんに情報展開し、探してもらうよう調整をしていたところです。



そんな状況だったのですが、先日売買の仲介業者さんからお電話をいただきました。

「売主さんの引っ越し先が見つかったのでご連絡をさせていただきました」とのこと。

お〜、素晴らしい!これで決済に進めます。



「決済日ですが、1ヵ月半後でよろしいでしょうか」

あれ、けっこう遠いですね。なんでそんなにかかるんだろうと不思議に思ったのですが

・引越先が未リフォームで、完了するのが今月末

・引越や荷物整理などあるから、入居から半月くらい余裕を見てほしい

という2点が原因で、そのくらいまで時間がかかってしまうということでした。

まあ仕方ないですね。待ちます。



その間に、リフォームの資金調達でもしておこうかな?というのも少しあります。

施工業者さんの日程調整もあるとはいえ、資金がなくちゃ施工にかかることも

できませんからね。



決済日に向けて、粛々と準備を進めていこうと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 12:42 | Comment(0) | 東京4棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする