2015年10月09日

目標設定を誤らないようにしたい。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。眠くてブログ書きながら何度も居眠り。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



このブログを見ている方であれば、不動産は当然購入したいと思っているでしょう。

もちろん、私もほしいですし、実際に今年は戸建を購入しております。

とはいえ、今が購入に適した時期ではないということは周知の事実です。

その点を踏まえ、どう取り組むかを考える必要はあると思います。



最近不動産に興味を持った方は、ここ1年くらいの不動産の相場しかご存じないかと

思います。5年以上前から不動産に取り組んでいる方は、たぶん今の驚くべき低利回りは

購入意欲が失せてしまうレベルだと思っているのに対し、ここ1年くらいの方はそれが

当たり前と思っているから、こんなもんだろうと思っているのではないかと想像します。



人によって、置かれている立場や資産背景、知識、条件などに差がありますから、

一概にどうこうとは言えないのはわかっています。ですので、どういった物件を

購入するのは間違っている、みたいな話をするつもりはありません。



たとえ利回りが低くても、そこにそれ以上の資産価値を見いだせるなら買えばいいし、

キャッシュフローが出なかったとしても、最終的に不動産が残るからいいということなら

持ちきれるように作戦を練って購入すればいいんだと思います。



ただ、自分自身が何を目標にして不動産を購入しようとしているのかを理解してから

行動するのはとても大事だと思います。それが明確でないと、不動産を購入することが

目的になってしまいかねません。



時間軸の目標とキャッシュフロー規模の目標は絶対に持っておいてほしいと思います。

20年かけて年金の足しになる程度の収益を得たい人と、5年で月100万のCFを

得たい人が、同じように物件を買っていてはいけないのです。



ひと昔前だったら、普通の中古のRCを購入すれば、1億の借金につき年間200万程度

キャッシュフローは見込めました。しかし、昨今の物件価格では、もっと少ない額しか

得られないのではないかと思います。そんな中、5年で月100万のキャッシュフローを

達成しようとすれば、かなりの金額の不動産を購入する必要があることはわかるかと

思います。与信にも気を配らなくてはいけないですし、購入ペースも早めていかないと

とても目標は達成できません。



冒頭にて申し上げたとおり、今は利回りも下がっています。高いキャッシュフローを

得ようとした場合、癖のある物件に取り組むか、数で勝負するより他にありません。

これから買おうとする人は、少し前から始めた人に比べて目標達成により時間がかかる

ことが予想されます。だからこそ、一つ一つの購入が大事になってきます。



そういう目標を抱いている方が「戸建買っちゃいました」とか言ってにこにことしている

場面などを見ると、どうにもムズムズしてしまいます。その戸建をいくつ買ったら目標に

手がとどくのかな、と。与信は毀損していないのかな、と。



最後に現物である不動産が残るという意味では、不動産投資はすごく良いものだと

私自身は思っています。金融機関さんがお金を貸してくれる理由も、不動産を担保に

取ることができるからだと思っています。その特性をおおいに活かして不動産を

増やしていき、そこから発生するキャッシュフローを使って自由に生きたい、というのが

私が今取り組んでいることです。ぶれないようしっかり意識したいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:39 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする