2015年10月02日

再建築不可物件の決済に向けて。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在22位です。ゲームしながら寝落ちしてしまった・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



東京の再建築不可物件の決済に向けて、やるべきことを順次こなしていっています。



私が決済までにやらなくてはならないことは・・・

・法人を設立する

・法人名義で契約する

・法人名義で融資の許諾を得る

の3点となります。これが全部達成できれば、晴れて決済です。



法人については無事に設立が完了し、全部事項証明書や印鑑証明書も取得できる状態に

なりました。そしてその内容をもって、先日改めて契約書を巻きなおしましたので、

あとは法人名義で融資の申し込みをするだけとなっています。



融資の申込も、法人の全部事項証明書などが必要になってまいります。行政書士さんに

取得を依頼してあるので、今日か明日でそれを受け取って、とっとと正式な申込をして

いつでも決済可能な状態にもっていかなくてはなあ、と思っています。



今回、融資額があまり伸びずに、現金をある程度入れなくてはならないのが残念ですが

まあそれも仕方ないでしょう。そもそも再建築不可に融資をしてもらえるというだけでも

だいぶ感謝しなくてはならない状態だと思いますしね。



さて、私の準備はこれでいいのですが、問題は相手である売主さん側の準備です。

今回の案件、住み替えでかつ次は賃貸に引っ越すという売主さん。つまり、引っ越しが

終わるまでは決済はおあずけということになるんです。しかも引っ越し先の条件が厳しく

家賃的にも条件的にも、それだと厳しいんじゃないかなー?という内容が多く・・・。



それでも、私としては引っ越しをしてもらえないと決済ができないという状態になるから

とにかくそれを手伝わないと!という状況です。契約の時にもお手伝いできることが

あれば手伝いますね、と伝えてあるので、ここは自分のためにも売主さんのためにも

一肌脱いた方がいいなと判断。



懇意にしている管理会社さんに条件を伝えて、部屋探しをしてもらえないかと依頼を

させていただきました。先方も「かなり厳しい条件ですけど探してみます」という具合で

おっしゃるので、やっぱり難しいんだろうなあ。



しかしそれでも、ちょっと条件がずれるところがあるものの、いくつかのお部屋を

見つけてきてくださいました。ありがたいです。早速売買の仲介業者さんに連絡をして

こんな感じのものならあるので、よろしければ売主さんに提案してみてくださいと

伝えました。



決済が遅れれば、リフォームに入るのも遅れます。そうなると、繁忙期までに

リフォームが終わらない恐れも出てきますので、あまり好ましい状態とは言えません。

さらに、決済されないことにはリフォームの融資相談もできません。



少しでも早く収益化をするため、やれることには全力で取り組みたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:05 | Comment(0) | 東京4棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする