2015年08月12日

金融機関さん的には法人より個人がやりやすい&読者さんのご意見に回答します。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。今週のホテルの部屋はイマイチだ・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



戸建の融資状況なのですが、どこの金融機関さんも「個人でなら・・・」と言います。

事前に法人を作っておいて、決算をきちんと積んでおかなかったのが失敗でした。



先日、打診している金融機関さんのうち1行がNGの回答を返してきた戸建への融資。

残り3行にご検討をいただいておりますが、うち2行に「新設法人は審査が厳しくなる為

個人での融資でお願いしたい」と申し入れられてしまいました。



先日、顧問税理士の先生およびセカンドオピニオンを求めた別の税理士の先生共に

法人で融資を受けて購入した方が税務的には良いと思う、という意見をいただいて

おりまして・・・。そんな状況での「個人でお願いします」はなかなか厳しいなあと。



では、金融機関さんはなぜ「個人でお願いします」と言ってくるのでしょうか。



なぜ個人がいいのかと言えば、やはりこれまでの取引の履歴があるからということに

なってきます。個人では積金や少額の融資取引をすでに行っております。信金さんや

信組さんは、これまでの取引実績やおつきあいの長さを重視して、その信頼関係に対し

融資を出すような雰囲気があります。



新設法人と個人がいくら実態が同一といっても、これまでのおつきあいの積み重ねが

個人の人格で行われていた以上、新設法人は「一見さん」扱いになってしまう、という

観点があります。また、新設法人なのでこれまでの業歴もなく、いくら個人と同一と

いえども、そんな何だかわからないところに融資は出せない、みたいな話になってしまう

という事情もあるようです。



前々から法人を作っておかなきゃなーと思っていながら、サボってきたツケがここで

出てしまった感じです。いや、どうせ法人を作るなら一緒に物件購入も・・・という

欲の皮を突っ張らせていた自分が悪いと言えば悪いんですけどね。



とはいえ、セカンドオピニオンをお願いした税理士の先生はメガバンクや大手地銀と

お付き合いがあるようで、そういったところは変な手垢のついていない新設法人の方が

審査がやりやすいということをおっしゃるそうです。金融機関さんの立ち位置によって、

どういうやり方が最適なのかは変わるようですね。



とはいえ、今回は信金さんや信組さんでお願いする以上、彼らの流儀に合わせるべきで。

こうなったら仕方ないので、個人で購入して途中から法人に切り替えるということも

視野に入れておこうと思います。切り替えにかかる費用がもったいないけど・・・。



ところで、昨日書いたブログのコメントで、匿名の読者の方から「銀行の労力を

思慮出来るのであれば、銀行に4股かけるやり方のほうが如何なものかと思います。」

というコメントを頂戴しました。こんな瑣末なブログですが、こうしてコメントを

入れていただけることに感謝したいと思います。



確かに、4行に打診しても融資を実際に実行してもらえるのは1行だけですから、

他の3行に対しては完全に徒労で終わらせてしまうことになります。そこに対しては

大変申し訳ないという気持ちはあります。断る方も辛いです。



とはいえ、逆に言えば金融機関さんだってお客を選びたいわけです。私なぞに融資を

したら、貸し倒れになってしまうのでは?と考えるかもしれません。そうなれば、私の

時間も徒労に終わってしまいます。そして何より、売主さんや仲介業者さんが私との

契約に費やした時間が全て無駄になってしまいます。



私が最も重要視しなくてはいけないことは、売主さんとの契約を全うすることです。

そのために金融機関さんに支援をお願いしているのです。そして金融機関さんも私の

要請に確実に応えられるわけではないので、そのリスクヘッジとして複数行への打診を

せざるを得ない、というのが実情です。



ただ、黙って複数行に打診をすることも信義に反します。ですので、各行に融資の打診を

する際には、必ず複数行に打診していることもセットでお伝えしています。各行の審査に

進展があれば、それらの情報は全て各行に伝達しております。



事前に競争であることを伝えることで、金融機関さんの時間が徒労に終わる可能性も

理解してもらっております。その上でそれでも融資案件として取り組んでいただけるか?

そういう問いかけをした上で、取り組んでおります。



複数行に打診したところで融資が確実得られるかわからない程度の小物のアプローチと

メインバンクと太いパイプで結ばれている人のアプローチは異なってしかるべきです。

置かれた立場によって、最適解は異なります。そしてさすがにその背景まで洗いざらい

ブログに書くこともできませんので、読者の方からしたらおかしいと思うことも

おそらくあるでしょう。



ただ、それは私に取っても違った見方を学ぶ機会になるので、できる限り真摯に受け止め

自分自身の血肉にしていくよう心がけております。貴重なご意見をいただけることに

感謝したいと思います。



そんなわけで、融資特約の期限が来週に近づいてきているので、各行のフォローアップを

引き続き行っていきたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:40 | Comment(4) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする