2015年08月01日

ボロ戸建の融資づけに動いてみた感触。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。エアコンのカバーが破れた!(汗)

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



都内の戸建の融資づけで、いくつかの金融機関さんにアタックを開始しております。



先週末に売買契約を結んできた23区内戸建。格安ってほどじゃないけど、転用すれば

そこそこ回る感じに仕上げられそうだと判断し、買付を入れました。次は融資です。

ある程度自己資金を入れてもいいと思いつつ、やっぱり借りられるなら目いっぱい

借りたいと思うのが人情です(?)。



さて、築40年以上経過している戸建にどこまで融資がつくのでしょうか。

このスペックだと、都銀さんや地銀さんに持ち込むのはなかなか難しい気がします。

築年数の関係で、そもそも取り組めません、というオチになるのが目に見えています。



となると、やっぱり頼りになるのは信金さんや信組さんではないでしょうか。

というわけで、取引のある信金さんや信組さんにいくつか電話をしてみました。

概要を話すと、どの金融機関さんも(多少の温度差はあれども)検討するという

方向で回答をしてくださいましたので、早速打診することに。



とはいえ、平日は出張が多く、なかなか東京にいる機会がありません。とりあえず

資料を郵送するということで、いろいろと印刷して送っておきました。



路線価よりちょっとだけ高めなくらいの価格なので、積算としてはまあそこそこの

評価になるのではないかと思います。建物は評価ゼロ。収益還元で見れば、何とか

二桁の利回りになるので、今の都内であれば悪い評価ではないと思います。



資料を送った金融機関さんは4つ。中でも一番積極的だったのが、家の近所にある

金融機関さんでした。これまで融資取引の実績がなく、積金をしているだけだったし

以前東京1棟目の融資づけを依頼した際も、色々頑張ってくれたものの、(ここは

推測ですが)支店長がOKせず流れました。その後、不動産のことを理解している

担当者さんが異動になり、次に来た担当さんは微妙な印象だったので、あまり期待は

していなかったのですが・・・。



こういう資料がほしい、支店決済できる枠はここまでだから、その範囲に抑えても

良いか、個人情報の同意書を書いてほしい、新設法人でもOKだが、個人か法人か

早目に決めてほしい、などなど。



こういう話題になるということは、割と具体的に検討をしてくれているということの

裏返しだろうと思います。ご近所だし、ここが新規開拓できたらちょっと嬉しいな。

この金融機関さんは借地アレルギーもないので、使えるとなればけっこうメリットが

あると考えています。



逆に渋かったのが、東京2棟目の大規模修繕の借入をしていて、積金の額も多めの

信金さん。ここも懇意にしていた担当の方が変わってしまった影響があったのでは

ないかと思っています。新設法人はNGで、検討すると言いながらも言葉の端々に

微妙な雰囲気を漂わせていました。うーん、あまり期待できないかな。この機会に

積金を引き上げて自己資金に充当しちゃおうかな?



新規開拓した金融機関さんは、担当者の方が来週夏休みということでした。

担保評価をざっくりとしてみただけで止まってしまうようです。ちょっと厳しいかな。

時間的な余力がないような気がしています。まあ、融資特約の期限が切れるまでに

どこか1行でもいいから固まればいいので、これはこれで仕方ないです。



残り1行は割といつものペースでした。いたってニュートラル。まあここは先日も

住宅ローンの相談などをしていたので、割と頻繁に会っているからかもしれません。

情報はあらかた掴まれている!的な。



総じて感じたのは、ちょっと前だったら厳しい顔をされていただろうと思われる

案件だったのに、割と皆さん前向きに話を聞いてくれるなあということでした。



初めて感じるアベノミクスの恩恵?決算書の見栄えを良くしようと税金を多めに

支払った効果?融資が決まらないうちからうかつなことは言えませんけど、

なんとなく今回はいけそうな気もしています。

予感が実感に変わるように、私も頑張って動こうと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:41 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする