2015年04月20日

物件単位のキャッシュフローから見えてくること。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。今週も出張です。たまには家でゆっくりしたい。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



先日ブログに書いたとおり、金融機関さんに2つばかり追加の資料を出さなくてはならず

この週末はそれを作る時間に充てました。



金融機関さんから求められたのは、物件単位・部屋単位の収支の状況がわかる資料と、

リフォームのための借入の内容が分かる資料の2つです。



物件単位の収支がわかる資料は、すでに作成済みでした。ただ、全ての情報を入れては

いなかったので、改めて見直し作業をかけて完成形にする必要がありました。



どのように成績表を作っているかですが・・・

私の場合は、嫁ちゃんにも協力してもらい、Excelで支出や収入の明細を入力したら

月単位・部屋単位にその収入と支出を割り振って、年間キャッシュフローを算出する

ファイルを作ってもらっています。



明細単位の情報は

・管理報告書

・クレジットカード明細

・銀行口座明細

・固定資産税の領収書

などをあさって、どんどん埋めていく形にしています。



出来上がった表を見ていると、いろんなことがわかります。

あ、この物件は昨年保険が出ているから例年に比べて入金が多いんだなとか、

大規模修繕をやったから出金が多くなっているんだなとか。



基本的に、賃貸業は減点法であると思っています。

成績の上限は決まっており、そこからいかに退去や修繕を出さずに持ちこたていくか。

加点要素があまりなく、減点される一方だという印象があります。



だからこそ、毎年の成績をしっかりつけて、その推移を把握することが大事です。

減点要素を減らし、安定収益を達成するためのヒントが過去の成績には隠されています。



ちなみに私の成績は、一昨年より昨年の方が悪かったです。

札幌1棟目の収益が大きく下振れしているためです。大規模修繕を行ったこと、

補助金を狙って入居付けを促進しなかったこと、その補助金が実際に支給されるのが

今期であることから、昨季の成績に反映されないことが大きく足を引っ張っています。

今年は大規模修繕の予定もなく、補助金も入金されるのでキャッシュフローは改善され

問題はなくなることと思っています。



こういった成績の変化を自分で把握するためにも、キャッシュフローの計算は重要です。

皆様も是非物件単位のキャッシュフローの整備をしてみてはどうでしょうか。



そんな感じでキャッシュフローの資料とリフォーム関係の資料を作り、印刷しました。

あとは今週どこかで金融機関さんに持ち込めばOKです。私は私で、もう少し分析をして

今年の成績の改善につなげていこうと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:09 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする