2015年04月16日

買付が流れる/あえて今札幌を狙う理由。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。ホテルが微妙だとテンションがあがらないなあ。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



以前のブログにて、札幌の物件に買付が通った旨の記事を書きました

事業計画書なども書いて、不動産業者さん経由で融資の打診をしたりしていたのですが、

結論から言うと話は流れてしまいました。



流れた理由は何かというと、先方の都合だということです。

今期中に売ると消費税の関係で売却益があまり得られないけど、来季ならそこが

クリアできるから、ということみたいですね。



理由があくまで一過性なので、またしばらくしたら売り物になるのは確かです。

その時改めて交渉をさせてもらうということで、一応話はまだ繋がっている状態。

しかし次に話ができる時期は、たぶん1年後とかでしょう・・・。



案件を紹介してくれた管理会社の社長さんは、申し訳ないという話と、次の案件を

早々に準備できるようにするということを言ってくださいました。新築を安めの価格で

作れるルートを最近開拓したということなので、その方向からのアプローチであったり、

管理している案件で売買の動きがあれば連絡してくれる話であったり、いろいろと

考えてくださっているようです。ありがたい限りです。



さて、これで本日のブログはおしまい・・・でもいいのですが、ちょっと短いなあと。

そこで、突然ですが、私がここにきて再び札幌に注目している理由の1つを述べたいと

思います。



もちろん、札幌が好きだからというのもありますが、もうちょっと打算的な要素も

あります。それは、金融機関さんに評価してもらいやすい環境だからです。



先日、健美家さんで配信されていた赤井誠さん極東船長さん対談を拝読した方も

多いのではないかと思います。納得すること、目から鱗なこと、耳が痛いことなど

いろいろありました。



その中で、極東船長が言っていたことで、私もそれを歪みと捉えていたことがあります。

それは、札幌は金融機関の数が非常に多いのに対し、貸出先があまりにも少ないこと。

極東船長がこのページの真ん中あたりで発言しています。



道外の人が札幌市内の金融機関さんから融資を得るのは基本的には難しいのですが、

私の場合はすでに道外に住んでいながら融資を受けている金融機関さんがあります。

そして仙台の法人でおつきあいしている金融機関さんも、札幌に支店があります。

すでに札幌で3棟の運営実績があるので、地元の金融機関さんでも業者さん経由などの

紹介であれば、話を聞いていただけるところもあります。



そういった観点から、札幌は新規金融機関さんを開拓しやすいのです。

しかも貸すところがあまりなく困っているので、東京に比べて審査は少し緩めです。



さらに言えば、東京の金融機関さんは札幌に借入があることを非常に嫌がります。

しかし、札幌の金融機関さんは東京に借入があっても全く気にしません。



利回りが全体的に下がっているとはいえ、札幌はまだ物件と立地を選べば、それなりに

回る物件は残っています。しかし東京だと、よほどのことがない限りは、自己資金を

かなり入れないと回らない案件ばかりです。回るものは再建築不可や借地、築古など

何かしらの理由があるものばかりです。



上記のような側面から、今は札幌に注力したほうがいいと判断しています。

融資が出やすいこの時期に、そこそこの物件もいいので札幌での融資の実績を作って

次に引き締めがあった時にも、既存取引先として融資を受けやすい状態を作りたい。

そんなことを考えています。



そんな観点から、今回の売却延期は残念でしたが・・・

今後も引き続き、札幌の良い立地の案件を狙っていこうと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:47 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする