2015年04月09日

人口の推移から賃貸経営に良さそうな都市を推測。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。昨日も飲みすぎた。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



賃貸でも、その地域を理解していれば「ここはいい」と思える場所があるはず。

では、地域を理解していない場合にそれは見つけられないのでしょうか。



地域に精通していない土地に投資する場合、とにかく一生懸命調べるしかありません。

その地域に需要があるかどうか、地元の仲介業者さんに聞いたり、ネットで調べたり。



そんなミクロな調査と並行して、マクロな調査も必要です。

その地域が全体の流れとして人口が増えるのか減るのか、減る場合はいつからなのか。



国立社会保障・人口問題研究所が発表した「将来推計人口」は、そんな調査の一助に

なってくれるのではないかと思います。



市町村および政令指定都市の区単位に、人口が将来どうなっていくと予想されるのかが

わかる資料は、こちらのページの「結果表1」です。



見ていて面白いなあと思うのは、意外な市町村が人口が増えているということ。

例えば、埼玉県の滑川町は2010年を100とした場合に、2040年は115.1と

15%以上増えるという推計が出ています。とはいえ、人口そのものが1万人台と

多くないので、ここで賃貸経営をやろうという気持ちにはならないのですが・・・。



北海道を眺めてみると、2040年まで人口が増える年はほとんどありません。

札幌市ですら、中央区を除けば減っていく傾向にあります。

そんな中、2035年まで増えていくと推計される市町村がありました。

音更町です。え、それどこ?と思って調べると、帯広のベッドタウンなのだとか。



こういう統計情報を眺めていると、思わぬ掘り出し物の市町村が見つかるかもですね。

気が向いたときにでも眺めてみてはどうかなと思った次第です。



2015/4/10追記

少し補足の記事を書きました。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:05 | Comment(2) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする