2014年10月07日

今後のことを考えて準備する。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。もうすぐモンハン4Gが出るのですが、やる時間を捻出できるだろうか。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



以前、札幌3棟目の屋根の天窓については保険が出るものの、外壁については保険が出なかった、

という話を書きました(その時のブログはこちら)。





屋根の天窓についてはしっかり修繕する方針にしようという話をしており、どのような補修が

一番確実かを管理会社さんが練ってくれているところです。これに対して、外壁については

今回はやらないことにしています。



ただ、状態が悪くて水が入り躯体にダメージが出てしまうのは困ります。そこまで行く前には

きちんと直したいという気持ちでは考えております。



現在の状況は、サイディングの上の方がポロっと剥げてきており、その剥げた破片が地面に

落下してきています。特に風雨が良く当たる面がその傾向が顕著です。

その剥がれた面から、水がサイディングの中に染みてしまうのではないかという懸念もあるので

応急処置だけでもしておいた方がいいということなら、そうしたいと考えておりました。



これに対し、管理会社さんの工事の責任者の方の見解は応急処置は不要だろう言うことでした。

(きちんと見ないと分からないけれども、過去の経験からそうだろうという推定だそうです)

表面がはがれたからと言って防水層までダメになっているとは限らないし、どちらかというと

表面が剥がれても防水シートまで破損していないと予想できるから、この冬くらいはこのままでも

何とか乗り越えられるだろう、と。



今シーズンは札幌1棟目があるので、大規模修繕を立て続けに行うのは厳しいのです。

そんな懐事情も理解してくださっているので、今年一気にやるのは止めましょうと。



その代わり、今回の屋根の天窓修繕にあわせて、サイディングの状態がどうなっているかを

正確に把握するための確認作業をしてもらうことにしました。中の防水の状態がどうなのか、

サイディングの張り替えが必要なのか、増し張りで問題ないのか、などを診ていただいた上で

来年どう修繕するかを把握しようとしております。



入居者様から家賃を頂戴する以上、その家賃に見合うレベルで快適に住んでいただけるように

努力しなくてはなりません。建物が劣化して、人が住むに堪えない状態になってしまったら

そこから家賃を貰うのは失礼に当たりますし、費用対効果の高いサービスを提供できているとは

言い難い状態になってしまいます。



住環境を担うビジネスを遂行する身として、建物の維持管理は大事な仕事の一つです。

とはいえ、費用をかけすぎてもビジネスになりません。適切な費用で適切な補修ができるよう

来年に向けて今から調査を進めていこうと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:18 | Comment(0) | 札幌3棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする