2014年08月22日

先払いの危険性。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在21位です。だいぶ順位落ちちゃったなあ・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日のブログに対して、業者さんのお友達の方や経験豊富な大家さん仲間の方から「先払いは

リスクが高すぎる」「先払いかそうじゃないかで2割も価格が変わるなんて・・・」「それって

業者さんが自転車操業なんじゃないの!?」等のご助言をいただきました。こんな他愛もない

ブログ記事だったのに、皆様に気にかけていただき私は幸せ者だなあと思います。



価格を安くするけど、先払いかつ発注期限が短い=手元に早急に資金が欲しい=自転車操業



こんな図式が一般的には成立するものと思います。ごもっともな話です。



少し補足すると、この業者さんは前にも懇意にしている大家さん仲間の方から紹介をいただいており

同じように先払いでお仕事を任せたことがあります。その時も大きな問題はなく、きちんと対応して

くださった、という実績があるので、今回も問題はないだろうと判断しましたが、一見さんの

業者さんであれば、同様に「自転車操業・・・」と判断して却下したことでしょう。



今回はご紹介いただいた大家さんとその業者さんの良い関係や(言い方は悪いですが)逃げられない

理由などを掴んでいるので、先払いでもいいかと判断した次第です。



サラリーマンと一人親方を兼業している感じの方なので、自分が食って行く分にはサラリーマンで

充分やっていけることから、一人親方業はあまりガツガツしていません。紹介してくださった

大家さん仲間の方との信頼関係も厚く、彼の紹介だからということでとにかく最安値でやれる

方法を考えた結果、今回の提案(先払い)に行き着いた、という感じみたいです。



今日なんでこんな言い訳じみたことをだらだら書いているかと言うと・・・

昨日の記事だけ見て、経験の浅い方が安易に先払いを真似して痛い目に遭ってほしくないからです。



あまり細かい背景を書いていないので、細かな個別事由を知らずに「先払いでコストダウンできる」

という事実だけを捉えてしまう方がいては困るので、補足の記事を書きました。一般的には

工事が完了しないうちに金銭を支払うことは危険です。持ち逃げされるかもしれませんし、

施工途中で業者さんが倒産するかもしれません。そうなったらお金は返ってきません。

かなり慎重な判断が必要になると思いますので、ご留意ください。



建築のことならこの方に聞けば間違いない、と思っている方も以前言ってました。

「相見積を取って、一番安いところと一番高いところは除外する」と。なんで安いところを

除外するんですかと聞いたら「安くして仕事を取りたいということは手元に現金が欲しいという

ことになるので、自転車操業に陥っている可能性が高いから」「施工業者が倒産すると、

その後のメンテナンスに支障が出るから好ましくない」ということでした。



先払いには大きなリスクが伴います。もしそういう提案を受けた際には慎重に判断してください。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:54 | Comment(2) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする