2014年04月19日

生活保護の星(笑)

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。狼旅団セミナーの最中にこそこそ更新!

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日、東京を遠く離れた某所でお仕事をしていたところ、仙台の仲介業者さんから着信あり。

隙を見て電話に出ると、本日空室になる仙台1棟目の空き状況の照会でした。以前より家賃を

大幅7000円UPしているのに、普通に問い合わせが来るとは!恐ろしいバブルっぷりです、仙台。

洗濯機置場が部屋にない物件なのに、こんなんでいいのだろうか。



内容を確認すると、足の怪我が原因で生活保護を受給している方だということです。足がだいぶ

良くなってきたので、家探しをして仕事を探したいのだとか。うーん、仙台では札幌のような

誰でもウェルカムアピールはしていないんですけど、それでも生活保護の方が来てしまうとは。

東京1棟目にも生活保護の方が入っています。築浅なのに。

・・・やっぱりそういうオーラがにじみ出ているのだろうか(苦笑)



いっさい確認していなかったんですが、仙台1棟目の今の家賃は単身の生活保護の上限と

全く同じだったようです。ますますこれは生活保護の星にならざるを得ないようだ(笑)



3階でエレベーターなしのお部屋なので、足が悪いのに大丈夫?というところがクリアできるなら

生活保護でも審査できるからどうぞご紹介ください、と返事をしました。



さて、早速そのことを義母に報告したんですけど、義母の反応は

「えー、生活保護なの!?」「なんか嫌なんだけど」という感じでした(汗)

ああそうか、これが普通の人の感覚なのね。私はすっかりおかしくなっているようです。



生活保護の何が嫌なのか聞いてみたのですが、結局イメージ先行でした。働こうとする気持ちが

あまりない怠け者なんじゃないかとか、友達が何かで生活保護の人がだらしなくて大変だという話を

聞いただとか、そういう定性的な話が多かったです。



義母は頭のいい人なので、仲介業者さんとの今後の関係を考えると門前払いは得策ではないこと、

論理的に考えて、そのイメージが本当に全ての例に当てはまるわけではないことを説明したところ

納得してくれました。今後ちゃんと働こうという意思があるなら内覧しても良い、と。

躊躇なく社長を引き受けるくらいだから、まあ頭の回転は良いし鋭いです。周りに恵まれています。



私はあまり頭が良くないので、何でも食べてみて痛い目を見るか見ないかを身体で体験しないと

評価できないところがあります。とりあえず、迷ったらチャレンジ!そんな感じです。

社長もそれについてきてくれるのでありがたいです。さて、満室返り咲き目指して頑張ります。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 14:26 | Comment(4) | 仙台1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする