2013年08月24日

地震保険適用。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。今日は新築見学会から屋形船に流れる予定。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



仙台1棟目、地震による被災が認定されて地震保険を出してもらえることになりました。



仙台1棟目は東日本大震災の後に購入しております。その頃もまあそれなりにヒビが入ったり

しておりましたが、地震を耐え抜いたということで問題はないだろうと思っておりました。

しかし、その後もちょくちょくと地震が起こります。昨年12月の三陸沖地震は規模の大きな

余震として記憶に残っているのではないでしょうか。マグニチュード7以上でした。



義母から地震の後「地震前よりヒビが多くなった気がする」と連絡が来たことが何回かありましたが

大規模修繕するしかないよねということであまり気にしておりませんでした。しかし、そんな話が

何回か続き、先日も「またヒビが大きくなった気がする」と言われてしまうと、無視もできません。

地震のひびと関係があるかわかりませんが、ゲリラ豪雨の時に共用部の1階に水が漏れていたことも

ありましたので、さすがに看破できない事態になっていると判断しました。



義母が言う通り、地震でヒビが大きくなっているのだとすれば、その割合に応じて地震保険が

適用になるかもしれません。やるだけやってみようということで、事前にヒビの度合いを業者さんに

診てもらい、その内容のちょっとしたレポートを作っていただきました。そしてその内容を元に

保険の代理店さんに連絡し、地震保険申請の手続きを取っていただきました。



現地では義母が対応してくれると言うことで、あとはどうなるか様子を見ていたのですが・・・

義母から「適用されないって」というメールが。地震保険は全体の3%が損害にあっていれば

一部損が認定され、地震保険で補償の範囲とした金額の5%が支払われます。現地で鑑定して

いただいた結果、その損害の範囲が微妙に3%に届かなかったということだったそうです。



うーん、仕方ないんだけど、あと少しなのに判定されませんというのも悲しいなあと・・・。

素人目にはもっといっぱいヒビが入っているように見えなくもないので、調べてもらった資料と

突合せをする為に、保険代理店さんに今回の鑑定結果を開示してもらえないか相談しました。

しかし、保険会社さんは一律でどこも地震保険の鑑定結果は開示していないというご返答。

諦めて自腹で修繕するかと思いながらメールを読み進めていくと、「鑑定内容が不服であれば

再鑑定を手配することもできます」という一文がありました。なるほど、再鑑定か・・・。

見る人が変われば判定結果も変わるかもしれません。人間が行う仕事ですから。



というわけで、再鑑定をお願いすることにしました。義母も不安がっていることですので、

できるだけのことはしてみようという感じです。保険の代理店さんも素早く動いてくださり

別の鑑定会社さんに鑑定してもらえることになりました。



鑑定当日。そろそろ終わったかなと思われる頃合いに、義母からメールが届きました。

結論としては、持ち帰り検討となったようです。

「前回の鑑定会社さんに比べて色々と考えてくれたから印象は良かった」

なるほど、それは何よりです。

「微妙なところだって言われたから、そこを何とかお願いって頼んでおいたわよ」

いや、頼んだからってヒビが増えるわけじゃないんですが(汗)



そして一昨日、義母から「地震保険が出ることになったって」というメールが。良かったー。

義母の話を正確に理解しきれなかったので詳細は割愛しますが、鑑定人の方もどうやら頑張って

保険を出せるように動いてくれたようです。ありがたいことです。感謝しなくてはなりません。

一部損なので、地震保険として物件にかけている補償金額の5%を支払っていただくことに。

義母もこれで外壁を修繕して安心できるとほっとしておりました。こちらとしても良かったです。



現地で清掃などをしている義母が、ヒビが増えてる気がするということに気が付かなければ

そもそも今回の地震保険の請求をしていなかったかもしれません。そう考えると、現地にこまめに

足を運び、建物の状態をチェックすることはとても大事なことだなあと改めて感じました。

最近自分の物件に足を運んでいないあなたも、たまには見に行ってみてはどうでしょうか。

いいこと悪いこと問わず、新たな発見があるかもしれませんよ。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:01 | Comment(0) | 仙台1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする