2013年08月19日

ヘルニアで入院/シェアハウス見学。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。久々のトップ10入り、ちょっと嬉しいです。ポチクリしてくれる皆様に感謝。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日は札幌行きの準備などの雑務、そして都心のシェアハウスの見学会でした。



札幌で金融機関さんにお会いするということもあり、個人属性の資料やら物件の概要やらを

朝からガシガシと印刷してみたり、札幌の気温を調べて着替えの構成を検討したり、その他色々と

やらなくてはならないことをやっていると意外と時間って足りなくなるんですよねえ。参りました。



さらにしばらく家を留守にするからということで嫁ちゃんと昼ご飯を一緒に食べに行ったり、

賞味期限の関係から今日渡さないとまずいということで、管理会社さんに仙台のお土産を渡したり

あれやこれやとばたついておりました。準備が悪いと言われればそれまでなんですけど・・・。



東京1棟目の管理会社さんから、入居者様がヘルニアを悪化させて入院したという話がありました。

うーん、このまま退去となると、半年も住んでいないうちに退去ということでちょっと悲しいです。

広告料も払っているから、むしろ空室であったのとたいして変わらないじゃないか、みたいな。



この入居者様は20代の男性です。ご本人はもう少し東京で頑張りたいという気持ちを

持たれているようなのですが、ヘルニアのせいで職もない状態なので、ご両親がどう判断するかで

退去になるかどうかが変わってくると思います。なんとか退去しないでほしいなあ。



そんな話を管理会社さんのスタッフの方としていたのもあり、その後のシェアハウス内覧会への

参加が遅れてしまいました。30分の遅刻を取り戻すべく、暑い中汗だくになりながら目的地へ。



今回のシェアハウスの内覧会は、東京築古組の行事として組員の方が企画されたものです。

都心の一等地の再建築不可物件をシェアハウスとして再生した事例をシェアしていただきました。



詳細はここでは割愛しますが、なるほどという感じでした。都心は家賃が高いから、リフォームも

ある程度の資金を投入できます。田舎の戸建とかだと考えられないような金額をかけたとしても

費用対効果が十分に得られ、良い投資になるんだなということが改めて理解できました。

再建築不可でも融資するノンバンクなどをうまく使って、こういう物件を仕込んでいくことも

都心で成功する為の重要な考え方なのかもしれません。



懇親会に行きたかったけど、札幌に行く飛行機に乗れなくなる恐れがあったので泣く泣く断念。

スキルの高い皆様とお話をしたかったなあと思いますが、こればかりは仕方ないことです。



そんなこんなで、昨日の夜から札幌入りしています。今日は金融機関さんや売買の業者さんと

話をしてきて、夜は地元の皆様と懇親会です。充実した出張にすべく、頑張ります。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする