2013年02月26日

カスタムリフォーム。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。ランキング、もう少し上に行けたら嬉しいなあと思う今日この頃。

よろしければポチクリで応援願います→人気ブログランキングへ



札幌3棟目は現在申込ベースで満室となっておりますが、2月末で1部屋退去が発生します。

この部屋がまた曲者でして・・・。購入した時は空室だったので中を見たのですが、どういうわけか

天井も含めたほぼ全面にアクセントクロスが貼ってあるという謎のお部屋になっていました。



リフォーム前

↑こんな感じです↑

・・・なんでこんな重たい部屋にしちゃったんだろう?(汗)



いくらなんでもこのままじゃ重たすぎて普通の人は入らないよねということで、どうしようと

頭を抱えておりましたが、幸いにして倉庫として利用するような感覚の方が、どんな内装でも

問題ないということで成約に至り、事なきを得ておりました。



しかしこのお部屋が今月末をもって退去となります。購入当初は空室も多かったので大変でしたが

今はほぼ埋まっているので、このどうしようもない状態のお部屋を全面的に壁紙を張り替えて

雰囲気を変えてしまおうと考えております。



どうせならということで、報告ネット山岡さんの「選べるアクセントクロス」と、AOA落合さん

「オーダーメイドリノベーション」の中間を取って「カスタムリフォーム」をやってみよう、と

管理会社さんに相談をしているところです。



入居する方に「選べる楽しみ」を提供すること。選ぶことによって、部屋づくりに参加して

貰うことになるから、その分お部屋に対する愛着がわくことでしょう。定着率も高くなる筈です。

私の物件のウィークポイントは、定着率の悪さ(特に札幌2棟目が酷い)。単身物件ゆえに多少は

仕方がない部分があると思いますが、それでも出来ることなら改善をしていきたい部分です。

選んでいただくことで、部屋と入居者様の一体感を持って貰い、愛着をもって住んでいただければ

多少は解決の糸口になるのではないかと考えた次第です。



現在考えていること

・壁紙やCFなどは入居者様に自由に決めていただいて良いものとする(高いクロスは面積を制限)

・あまり詳しくない方の為に、いくつか決め打ちの定型プランを用意する

・建材サンプルや施行例の写真などを含んだ資料を現地に配置する



難点として考えられるのは、原状回復をしないまま賃貸に出さなくてはならないということ。

対策として、施行例の写真を充実させることが必要になるかと思います。定型プランで施工した

実例を資料に載せていくことで、ある程度イメージはつかめるのではないかと考えています。

しかし、あまりにも汚すぎて、見に来た時点で引いてしまうレベルのお部屋でやるのは現実的では

ないかもしれません。そのまま見せてもまあ我慢できるレベルのお部屋でないと・・・かな。



この企画に使う資料をうまく作れれば、管理会社さんもそれを使って別の管理物件のオーナーさんに

展開することができます。管理物件の空室率改善に寄与する可能性がありますので、巻き込んでも

きっと大丈夫だろうと思い、資料作りとかアイディアだしのところを手伝って貰うようにお願いを

したところ、やります!という嬉しい答えが。ありがたいです。



そんなわけで、金曜日に一泊二日の弾丸ツアーで札幌に行くことにしました。管理会社さんと

カスタムリフォームの進め方について打ち合わせをしてきます。ついでにエアアジア初体験。

LCCがどんなものなのか、実際に体験してきたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:07 | Comment(6) | 札幌3棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする