2013年02月06日

東洋経済の「海外移住&投資」特集。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。ひとまず、雪が積もってなくて良かったです。

ブログランキングのバナーをぽちくりしませう→人気ブログランキングへ



コンビニの本棚を見ていたら、東洋経済の最新号がありましたので買ってみました。







見ての通り、最近注目されている「海外移住」と「投資」の特集でしたので、フィリピンの

コンドミニアムもあるというところで情報はおさえておいた方がいいだろう、という発想です。



一通り読みましたが、マレーシアをはじめとした東南アジアへの移住の話が大部分を占めてました。

マルボロカレッジ開校などの教育面の話題、両親と一緒に移住してきて介護施設に入れる話題、

語学の話や生活スタイルの話、そして投資の話という塩梅です。投資の話題は正直少なかったです。



そんな中、投資の中のさらに細分化された一部分である「不動産投資」。ここについてはたったの

2ページしか書いてありません。やっぱり投資と言うと紙の投資がまだまだ中心なのでしょうね。



どこまで細かく書いていいのかわかりませんが、とりあえず気になった内容を列挙してみます。



雑誌全体の流れが東南アジアを推している状態なので、不動産投資も当然東南アジア中心。

東南アジアの中でもある程度安定している地域で、かつ外国人でも不動産取得が可能な国は

タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピンの4か国くらいという話から始まります。

うち、シンガポールは価格が上がりすぎている上に印紙税も高く、投資対象として魅力的では

ないということです。また、フィリピンは価格が安いものの中間層が全人口の2%程度であり

もう少し中間層に厚みが出るまで待ってもいいのではないか、という論調でした。



記事の中ではマレーシアとタイがお薦めされています。

マレーシアに関してはジョホールバルではなくクアラルンプールが良いのではないかとのこと。

過去、マレーシア政府は大型プロジェクトを完遂できなかったことが多いという話を一例に出し

(プトラジャヤへの首都機能移転計画、KLメトロポリス計画)、イスカンダル計画も本当に

完遂できるのか懐疑的であるとしています。タイもバンコクで投資するならいいのではないかと

いう感じで書かれていました。



この記事には利回りとかそういう観点のことが一切出てこないのが微妙です。

投資するのにリターンがどのくらいになるということが全く書かれていないのは如何なものかと。



フィリピンは確かに「誰に売るの?」というリスクがあるのはわかります。保有している私自身も

そんな印象は持っていますから。ただ、この国の場合は最悪賃貸に出しても利回り10%程度で

回せるというメリットがあります。日本で言えば、広尾あたりの新築の高級マンションが

利回り10%で売っているような感じです。それでいてキャピタルゲインもデベロッパーさん主導で

価格が決まっていく中で、かなり高い確率で出てきます。決して悪い話ではないのでは?と

(そのキャピタルゲインを得るには売る相手が必要なんですけどね)



対してマレーシアは利回りで言えば5〜6%がせいぜいと聞いています。国としての安定感は

確かにあるのかもしれませんが、果たしてそのくらいの利回りで旨味はあるのか?という疑問。

銀行融資を使わずに手元の資金で購入し、実需も視野に入れているということならいいと思いますが

純粋な投資目的であれば、キャピタルゲイン狙いのバブル時代の投資とあまり変わりません。



タイについてはあまり詳しくないので割愛。。。

ただ、タイも中古コンドミニアムなら価格が安く、そこそこのインカムが取れるとか聞いた気が。



私自身は売却できなかった時が怖いので、ある程度のインカムも狙える案件でないとやりたいとは

思いません。ですので、マレーシアは今のところ外しております。この辺は人それぞれの考え方で

決めればいいことかなとは思います。



東洋経済に出てくるくらいの注目度になったとはいえ、所詮取り扱われているのは2ページ程度。

不動産投資家の皆様の間では盛り上がってきて加熱しすぎている感がある海外不動産ですが、

一般的にはまだまだ認知度は低いということでしょう。逆に言えば、一般の方が海外不動産の

マーケットに参入してくると予想する人なら、今のうちに仕込んでおいてキャピタルゲインを

狙うという手法も考えてもいいのかもしれません。私はたぶんやらないですけど。



ちなみにこの記事を書いている岡村聡さんという方は、こんな会社を経営されています。

アドバイスに出てきた国を全体的に取り扱っているようですね。この方のポジションも踏まえて

記事を読んでいくのがいいのかなと思いました。



いずれにせよ、情報が多くて困ることはないので、どんどん吸収していきたいものです。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:42 | Comment(12) | 海外不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする