2017年04月27日

旅費規程は危険!?顧問税理士からストップがかかるほどの落とし穴。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。スワさん一位取れるかな?頑張れー!

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



ちょっと前に書いていた旅費規程なのですが、結局今年は適用を断念しました。

顧問税理士の先生からストップがかかったためです。



旅費規程を整備しましたというブログを書いたことがあります。仙台法人では

義母が口座の管理をしているため、出張するごとに立て替えで支払っている旅費を

実費で生産しなくてはならず、領収書の整理とかいろいろ面倒なことになってました。

結局、申請が遅れて「この領収書なんだっけ・・・」ということが発生したりも。



そこで今年は旅費規程を整備し、義母にたとえば「札幌に3日間出張した」と報告すれば

あとは表を見て支払額が決まるという形にして、旅費の支払業務を簡略化できれば

いいなと思っておりました。



遅ればせながらようやく整備が終わり、昨期の分の情報を一通り整備し終わったので

支払業務に移ろうと思ったのですが、そこで税理士さんから待ったがかかりました。



待ったをかけた理由は「使用人のいない親族のみの会社であること、日当は消費税の

計算上控除対象となることなどから、税務署の目をひくのではと懸念されます。」と。



後者の理由は仙台法人特有の理由なのですが、前者は一般的な不動産賃貸業において

一様に言えることではないかと思います。



旅費支払の簡略化が目的の旅費規程なのですが、これは社員・役員による立替なので

立替分からさらに課税をすることで二重課税になるという観点から、旅費規程に基づく

支払う受け取った分は所得税・住民税の対象外になります

親族ではない人を雇用しているなら、これは納得のいく話です。



他方、仙台法人のように第三者を雇用していないケースでは、親族は経営者と同列と

税務署はみなす傾向にあるようです。そのため、法人の営業のために利用した実費を

超えた金額(ホテルや移動手段の選び方では、旅費を貰う側がそのようにすることも

できる)を個人に渡すことができる可能性がある=所得税逃れとみなされる、という

傾向もあるようです。



旅費規程を整備すること自体は法的に問題があるわけではありません。ただ、税務調査に

入られてしまった時に、否認される可能性が高く、かつ護りきれないかもしれない、

という点を顧問税理士の先生が懸念した、という感じです。



じゃあ例えば旅費規程の中身が過剰に支給される側が多くならないように調整すれば

いいのか?というところまでは私もわかりませんが・・・。この辺はもう少し相談を

顧問税理士の先生としなくてはならないと思います。



そして後者の仙台法人固有の理由です。あまり深く突っ込んで聞く時間がなかったので

何か変な勘違いをしているかもしれませんので、その際は「このバカチンがー!」と

ツッコミを入れていただけますと幸いです。



仙台法人を見ると、実は売上の大多数は太陽光発電の売電売上であり、課税売上です。

アパートもありますが小さいものでして・・・。そして太陽光もそれなりの大きさに

なるため、1000万以上の課税売上が発生することになります。すると、普通に

課税業者となります。



前々期は太陽光発電の設備投資に対しての消費税還付を受けていますので、

その要件として本則課税を採用しています。簡易課税ではありませんので、厳密に

売上消費税から仕入消費税を差し引いた金額を消費税として支払う必要があります。



旅費規定に定める出張旅費、宿泊費、日当は課税仕入として計上されます。

国税庁のホームページをご参照ください)

1つ目の理由で述べたように、社員・役員の運用方法次第で、この経費は本来かかった

経費以上に会社の負担が大きくなる可能性があります。



そして、今年はアパートを1棟購入しているというところが大きなポイントになります。

普通に課税売上の方が多い仙台法人は、アパートの建物代金の仕入代金が大きいことから

越智氏も消費税還付の対象になる可能性が極めて高い、ということなのです。



還付がある年に旅費規定の整備をぶつけることで、税務署の目を引くのでは?

実費精算より多い金額を支払うことになる旅費規程の整備は、課税仕入の額を増やして

消費税還付の還付額を増やすことにつながり、消費税逃れと見えるのでは?という点を

顧問税理士が非常に気にしておりました。



一般的な企業であれば、そこまで気にすることではないのかもしれません。しかし、

親族しか社員がいない状態であれば、法人から個人に非課税で所得が移転するだけと

みなされる可能性があるというのは第一の理由の中で書きました。つまり、法人の

消費税還付額を増やし、個人の非課税所得も増やすという悪質な租税逃れとみなされる

可能性がある、ということです。



正直、そこまでのリスクを冒して旅費規程を整備する必要はないと思いましたので、

今年は実費精算でいくことにしました。



法的に違法ではないので、整備するなら整備するで堂々と整備して、必要性を訴えれば

いいのだと思います。ただ、上記で書いたように、税務署から見た時は、事業者の

利便性よりも租税逃れの印象を持つ可能性が高いのもまた事実のようです。

仙台法人でそこまでの覚悟をもって旅費規程を整備するメリットはないと思いました。

まだまだ小さな法人ですし、今のところ税金の支払に苦しんでもおりませんから。



というわけで、旅費規程を整備するメリットだけでなく、そのデメリットもあるという

ことがわかりましたので、その旨だらだらと書かせていただきました。別に法律上

整備してはいけないわけではないですが、税務署につっこまれた時に堂々と問題ない旨を

主張できるようにしておく必要があるのだろうと思います。すでに整備されている方は

そういった外部からの目があることも意識しておいた方がよろしいかと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:00 | Comment(1) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

コインランドリーでもなんでも、初期費用を落とすことや取り組む順序を間違えないことが肝要。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。昨日は刺激的な内覧会でした(物件も会話の内容も)。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



毎日読んでるスワさんのブログがコインランドリー祭りでブレイク中みたいです。

今順位を見たら3位まであがっています。いつぞや、私もあんな感じで上がっていって

最後に旅団長に禅譲されて1位取ったことがあったなあ・・・。



本日はスワさん順位UP応援企画で、スワさんがやっちまったコインランドリー投資の

ブログを拝読した上で、私なりに感じたことを書きたいと思います。ですので、

前提としてスワさんブログ一連のランドリーの話を読んで、ポチをした上で

こちらのブログを読んでいただければと思います(勿論ポチもよろしく!)。



私、コインランドリーは特に試そうと思ったことはないのですが、周りで取り組もうと

いろいろ勉強したり土地を探したり、はたまた実際に取り組んだ方もいますので、

そんなに詳しいとは言えないものの、基本的なところは把握しているつもりです。



数年前に、仲良くさせていただいている投資家仲間の方がコインランドリーを始めたと

聞いていたのですが、たまに収支を聞くと「まだ赤字」「今月は雨が降ったから収支が

トントンくらいになった」という感じで、儲かっているようには感じませんでした。

彼の場合は融資年数が短いというのもあるのだとは思います。その彼もスワさん同様

フランチャイズで新品の洗濯機や乾燥機を買っておりました。初期投下した資本の

内訳をざっくりと聞きましたが、新品で買った設備投資が重いんだろうなあと。



その勉強会の後、別の勉強会でもコインランドリーをやっている人がいましたが、

その方は「不動産と同じ利回りの感覚で考えてはいけない」「不動産より利回りが

出るからと言っても、コインランドリーの一般的な水準よりは今はかなり利回りが

下がっているから、新規参入には気を付けるべき」ということを言われました。

種類が違う利回りを比較してはいけないということですね。銀行金利より利回りが

高いですと投資信託や新築区分マンションを推薦されるようなものです。



前述のような友人との会話や勉強会があったからこそ、コインランドリーってのは

そういう投資対象になるんだなあと認識した私なのですが、その前にもランドリーで

ブイブイ言わせている人にお会いしたことがありました。確かサンデー毎日倶楽部の

合宿だった気がします。その名はKLC神戸さん(久々にブログ拝見したら入院されて

いるようでびっくり・・・病名はわかりませんがお大事になさってください)。



お酒の席だったのではっきりとは聞けませんでしたが、KLCさんのの手法は

中古の洗濯機と乾燥機を調達して、初期費用を落とし、かつメンテナンスもご自身で

行うという形でコストを落として収益をあげているという話だったと理解しております。

米国製の中古ランドリーマシンを採用し、ご自身もアメリカで修業を積んできたような

ことを確か言っていたような。うろ覚えですみません。



今、KLCさんの経営している神戸技研のホームページを見ていますが、Q&Aの

コーナーに「開業資金は15坪のお店で1300万くらい」と書かれていました。

スワさんのブログを見たらそのFCは2000万だと言っていたということですので

この段階でものすごいボッタクリが発生していることがわかります・・・(TT)



ちなみにもし、私の友人がしくじったフランチャイズとスワさんのフランチャイズが

同じだとしたら、数年前に始めた私の友人の初期費用よりもスワさんの初期費用の方が

高くなっているように感じます。規模とかの差もあるとは思いますけど、もしかすると

FC本部側も味を占めて素人から初期費用をふんだくってやろうという風に変質して

しまっているのかもしれません・・・。



スワさんは紳士なのでフランチャイズ名こそ出しませんが、こういう評価って徐々に

世間の一般的な評価になっていくので、いずれこういったフランチャイズ元は顧客が

つかなくなり、グーグルの広告とかで情報弱者を集めて焼畑農業をするしかなくなり、

最後はドロンするようなオチになるんじゃないかなと思います。ていうかなってほしい。



とはいえ、あれは詐欺でしょと思っている新築区分マンション投資の業者さんも、

地主さん狙いのしょうもないワンルームを作ってぼったくった上にサブリース訴訟が

起こるようなハウスメーカーさんも、まだまだ生き残っている時代です。自分自身が

きちんと勉強してノウハウをつかまないと、そういった手練れの業者さんの養分に

変わってしまうリスクがあることは肝に銘じておかなくてはならないと思います。



私もフィリピンで塩漬けになっている区分マンションがありますので人のことは

何も言えませんが、その時の新しい流れ(海外投資だったりコインランドリーだったり)

は、どっちに転ぶかわかりません。このジャンルに挑むのであれば、自己資本が

しっかりした状態で立ち向かった方がいいでしょう。



スワさんのように売却で余裕資金がある状態であれば、月20万の赤字にもなんとか

耐えられます。私もフィリピンのコンドミニアムに関しては月20万くらい支払って

いるのに1円も収入がなく、転売しようにもそもそも中古市場がなく需要もないので

今は塩漬けでお金を支払い続けているという状態ですが、他の不動産があるので

何とか暮らしていけています。



こういった余裕資金がないのに、初めての投資が赤字を垂れ流してしまったら?

怖いですね、ええ。それで詰んでしまいます。



最近は不動産も利回りが低いので、昔みたいにオーバーローンとかやっていると

全然収支が回らなくなります。それでも、立地や購入価格、間取りについては先達の

建てたアパートの稼働率や仲介業者さんへのヒアリングをすることで把握できます。

事例の少ないビジネスにいきなりチャレンジすると失敗した時のダメージが大きいので

順序としては、株なり貯金なりで種銭を作り、それを不動産に変えてキャッシュフローを

作ってから、コインランドリーや海外に目を向けていくのが良いのではないでしょうか。



あと、初期費用はとにかく落とすことだと思います。

私がもし不動産以外に何か手間のかからないビジネスをと考えるなら、初期費用が高い

コインランドリーではなく、レンタル収納やコンテナのような初期費用が少ないものを

選ぶと思います。実入りは小さいかもしれませんが、リスクも小さくなります。

コインランドリーだったら中古の機械にするなどの工夫は必要かと思います。



恥ずかしい気持ちもあるのでしょうが、それでもこうやって貴重な経験談を世の中に

発信してくれているスワさんの経験を無駄にしてはいけないと思います。読んだ方は

是非これを血肉にして、新しいジャンルに臨むときの心構えにしてほしいと思います。

スワさん、ありがとうございます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:57 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

募集条件の変更でテコ入れ!仙台の冷え切った市場で生き残りを図る。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。上位の壁が厚いのです。もう一皮むけたいところ。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



仙台1棟目、募集条件の変更をしてテコ入れを図ることにしました。

やはり現場の最前線の皆様に話を伺うと、やるべきことのアイディアが出てきますね。



昨日は会社をお休みをいただき、不動産の仕事をいろいろとこなしてまいりました。

その中でも、仙台1棟目の空室を何とかする、というのは至上命題です。

不動産賃貸業を営むものとしては、空室では食っていけないのです。



前回仙台に行った際には、新しい仲介業者さんを開拓してきました。

今回はその中でも実際に紹介に行ってくださった業者さんにお礼を述べつつ、

内見の結果が不成立だった理由を聞きだすこと、さらに反響を得るためにどんな

作戦が効果的かを検討することを目的としての動きです。

ちょうど募集から1ヶ月なので、それなりにデータは揃ったであろう、と。



時間の都合もあり、この期間中にご案内に間違いなく行ってくれた2社の仲介業者さんと

最近は内見の確認がないけど前はちょこちょこと案内してくれた仲介業者さん1社の

合計3社を訪問して、忌憚なき意見を伺ってきました。



まず、物件のウィークポイントからヒアリングしましたが、次のような意見が出ました。

・部屋の面積が狭い

・室内洗濯機置場がない

・ウォシュレットが設置できない



部屋が狭いに関してはどうにもなりませんので、家賃でそれに見合ったところにする、

という手法しか取れません。さすがに部屋を拡げるってのは無理な注文ですから。



室内洗濯機置場がないというのが一番の弱点なのは今までも認識しておりました。

とはいえ、今まではそれがなくても普通に埋まっていたので、まあいいかと考えて

いました。買ってしばらくして空室が出た時に、業者さんに軽く洗濯機置場を追加したら

いくらくらいかかるのかと確認した際、10万以上はかかると言われたことを受けて

そこまで費用をかけて設置するのは止めようという話をした記憶があります。



しかし、仙台の市況も徐々に震災前に戻りつつある中、うちの物件の空室期間も

長引く傾向が出てきました。今回も洗濯機置場の話は客付の仲介業者さんから

挙がったので、一応見積を取ってみることにしました。



リフォームをお願いした業者さんに軽くヒアリングしてみると、やはり大がかりに

工事になってしまうだろうとのこと。洗濯機置場は給水と排水が必要になりますが

給水はキッチンから配管を延ばし、排水はお風呂に配管を延ばすことになります。

今回のお部屋のレイアウトだと、キッチンとお風呂場の配置がちょっと遠いので

その分割高になるだろう、と。じゃあお風呂から給水を取るのはどうですかと聞いて

みましたが、壁を壊さないといけないからやはりお金がかかると。う〜ん・・・



家賃を考えると、10万とか20万とかになると費用をかけすぎになります。

家賃見合いで考えると7〜8万くらいが限界かな・・・。その範囲で収まるなら

作業しようと思いますが、現実的にはそのレンジに収めるのは難しそうです。



ウォシュレットはトイレにコンセントがないので設置できない状況になってます。

前に空室になったお部屋には設置できるようコンセントを追加したのですが、

今回のお部屋にはそれをしませんでした。追加で設置することも考えていいかなと

思いましたが、洗濯機置場の改善に比べたら影響はそれほどでもないかなと思い

とりあえず忘れることにしました。



そんな感じで、ウィークポイントをどう改善するかという点につきましては、

今のところやや厳しいかなという状況になっています。

であれば、ウィークポイント以上のメリットを募集条件で作り出すしかないと。



現場の仲介業者さんからおススメしていただいたのは、初期費用の軽減でした。

今の募集条件のままだと、たぶん検索は今以上に伸びることはないだろうから

何かしら条件変更をして、また検索上位に出てくるようにした方がいいですよという

アドバイス、閑散期に近い今の時期に家探しをする人は初期費用の軽減が効果ありと

思います、というアドバイスなどありましたので、それを採用することにしました。



敷金1ヶ月、礼金1ヶ月だったのを、4月中は両方ゼロに変更。

お客様負担分の仲介手数料も大家で負担しちゃうことにしました。

これで、前家賃+保険料+保証料だけで入居できることになります。

入居を検討する側にも、お金がかからないというメリットが出てくるかと思いますので

選ばれやすくなるはず、と見込んでます。



初期費用を軽減すると、こちらの出費が増えることになりますので、その点については

基本的には広告料を下げることで仲介業者さんにも一緒に少しだけ収益を我慢して

いただくことになります。ただ、今回はキャンペーンという側面もありますので、

4月中に決めていただいた場合においては、広告料も満額お支払いします、という

形にしました。これで頑張っていただければ良いのですが。



そしてもう一つ、家賃をポータルサイトにあわせて少し変更しました。

今までは管理費は計上していませんでしたが、家賃+管理費に分けて、家賃を1つ下の

検索条件で引っかかるように調整しました。



どういうことかというと・・・

例えば、48000円の家賃のお部屋があったとします。

45000円を上限に検索している人は、このお部屋を見ることはありません。

ここで、家賃45000円+管理費3000円に変更します。すると、45000円が

上限の人にも、45000円+3000円のこのお部屋が引っかかるようになります。



勿論、管理費込で検索した場合にはこの効果は得られませんが、露出を増やすという

意味では多少の効果は見込めるのではないかと考えております。



なお、この手法を用いると、仲介業者さんの広告料が少し減ってしまい、客付側の

モチベーションが下がるという問題がありますので、私は「管理費も込で広告料を

計算してくれてOK」という形でそこをカバーしています。



実は今日という日付は、5年前に仙台1棟目を購入した日でもあります。

その記念すべき日に条件変更を実施することになりました。

これらの変更が良い効果を生み出すことに期待したいと思います!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:49 | Comment(0) | 仙台1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

太陽光発電の定常業務と突発業務への対応。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。ブログをアップする時間がずれるとアクセスも減るなあ・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



また地味な話で恐縮ですが、仙台法人で保有している太陽光発電所関連に関して

今年の分の作業の発注などを開始しました。



うちの太陽光発電所のルーチンワークは以下の通りです。



・春〜秋:草刈り+フィルタ清掃

・春:クローバーの種まき

・春:補助金のための実績報告書作成



・・・これくらいしかありませんでした^^;

アパートよりもさらに気楽かもしれません、これ。



太陽光発電所において、草刈りは大変重要な仕事です。背の高い雑草が生い茂ると、

パネルに陽の光が当たらなくなってしまいます。そうなると発電量が減ってしまい、

収益の減少につながります。これを防止するためには、草刈りを定期的に実施する

必要があります。



また、これは業者さんや太陽光仲間に聞いたのですが、パワコンの設定されている

ボックスのフィルターの清掃も定期的に行った方がいいとのこと。フィルタの詰まりが

発生すると、結果として中のパワコンに影響を与えるということのようです。



以前、別件で施工業者さんに現場入りしてもらった時にチェックしていただきましたが

「これは確かにたまに清掃した方がいいです」というコメントをいただきました。



そんなわけで、フィルタ清掃と草刈りは同じタイミングで実行できるように手配を

かけることにしました。昨年も草刈りをお願いしたシルバー人材センターさんに今年も

作業を依頼し、その際にフィルタ清掃も一緒に依頼できないかと打診しました。



しかし「できれば作業内容を現場で一度支持してほしい」と言われてしまい・・・^^;

仕方がないので、明日現場に行ってその内容を説明することにしました。たまたま法事や

銀行さんとの打ち合わせがかぶっていたので、うまく調整してなんとか時間を確保。

ま、現場の人とお話をして顔見知りになっておくことは重要です。一度顔合わせして

仲良くなってきたいと思います。コーヒーの差し入れも持っていこうっと。



パワコンの鍵を現地に設置しなくてはならないので、昨日キーボックスを義母に

買ってきてもらいました。これに鍵を入れて、シルバーさんに取り出してもらえるように

しておけばバッチリです。



それからクローバーです。雑草対策のグラウンドカバーとしてクローバーを植えてます。

背が低く、繁殖力が強いため、うまく育成できれば背の高い雑草を抑止できる効果が

見込めます。昨年は蒔いたけどほとんど目が出ませんでしたが、何年かは継続して

取り組んでみようと思っています。



今年の分の種はネットでまとめて購入。仙台の実家に送ってもらいましたので、

明日現場に運んでいこうと思います。




太陽光の補助金の実績報告は、むこう60ヶ月分の実績を補助金を出してくださった

協会さんに報告する必要がある、という内容です。クリーンエネルギー創出の効果が

補助金に対してどの程度あったのか、ということの説明を補助金の協会さんとしても国に

提出しなくてはなりませんので、そのための情報提供です。

昨年作った実績報告書をある程度いじればOKのはずです。忘れないようにしなくては。



ことしはそれに加え、以下のお仕事も必要です。

・みなし太陽光の事業計画書の提出

・フェンス修理の保険申請と支払



ちょっと前にブログに書いた改正FIT法ですが、高圧も対象となっているようです。

となると、私もこれを提出しないといけないということでして・・・。

関係各位のご指導を受けながら作らなくては!という感じです。



フェンスはちょっと前にブログに書いた事案です。

最終的に、折半ということと保険申請は私がまとめて行うことを合意しました。

それに従い、仙台法人から隣の区画の法人に実費の半額の請求書を切ること、

工事はこちらから一括で発注すること、保険申請もこちらで行うことに決定。



資料をまとめて代理店さんに被害報告と見積を提示したところ、早速動いていただき

素早く災害を認定していただきました。ありがとうございます!今年は雪が凄かったから

多少の災害が出るのも致し方ないのかもしれませんね。

あとは請求書が来たら代金を支払えば万事完了です。



このくらいの事務作業で毎月売上が計上されるなら、割のいい商売だと思います。

同じような案件に取り組めるならやってみたいけど、ここまで利回りが出るのは

そうそう出てこないだろうなあ・・・。



ともあれ、本日これより現地に出発して、シルバーさんといろいろ会話してきます!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:04 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

生活保護のお客様からのお申込、審査は慎重に・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。意外と寒いんだよね、仙台。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



本日、朝寝坊してしまったため更新がこの時間になってしまいました。

手短に済む話でさくっと更新してしまいます。手抜き?ですみません。



先日の札幌6棟目に続いて、札幌3棟目にもお申込をいただきました。

先日の札幌6棟目に続いて、札幌3棟目も精神系の障害をお持ちの方の申込でした。

なんだろう、そういう空気感なのかい?今は。



元々、札幌3棟目は地元で安く家を探している方が求められるケースが多く、

1月〜3月までの繁忙期で空室が作られ、4月〜5月くらいで埋まるというのがいつもの

パターンでした。だから、今の時期に空室があることは仕方なかったと思いますし、

入居者様がうまく見つかってよかったという気持ちもありました。



そして、札幌3棟目は一般的な賃貸住宅に入るのが困難な人も、家賃を払える可能性が

あるのであれば、定期借家契約などの形で受け入れることをしてきました。それが

功を奏し(?)、仲介業者さんにとって難易度の高いお客様はうちに流れてくるような

雰囲気になっております。



そういったところから考えると、今この時期に難易度の高い方が入居申込をされるのは

まあ想定の範囲内です。ただ、今回はお申込をいただいたという第一声が入ったときに

「軽度の自閉症で生活保護を受給されている方です」という話だったので、それって

大丈夫かな?と不安になったのも事実です。管理会社さんも含め、周りの入居者様に

ご迷惑をおかけする可能性がある人には許可しない、という基本スタンスであるため

私だけで判断した場合にはNGとしてしまう可能性が高いためです。



管理会社さんのレベルで断らず、私のところにその話を持ってきたということは、

あまり近隣に迷惑をかけないと思っているからなのかしら?



まだ仲介業者さんともやりとりをしていない状態ですが、という前置きもありましたので

おそらく本人とはお会いしていないでしょうし、書類上から読み取れるレベルだけで

管理担当の方が想定している内容なのだと思いますが・・・

迷惑をかけないタイプなら進めるのもいいのではないか、と担当の方は言いました。



その根拠として、症状が軽くて生活保護と併用してアルバイト程度の収入を得ている、

というのがあるからということを挙げておられました。一生懸命頑張った結果として

最低生活水準を満たすことができない場合は、その差額を補てんするだけの保護費が

出る事例があるということですので、そのパターンと思われます。



社会生活を営める素養はあるわけだから、周りの住人に迷惑をかけずに生活することも

できるのであろう、と考えて、今回は審査してみてはどうかという進言と理解しました。



私としても、当然ながら家賃が入ってくれた方が嬉しいですし、一生懸命頑張っている

社会的弱者の方に住居を提供することの社会的意義も感じます。事前に確認できる範囲で

確認した結果、迷惑をかけないということであれば、受け入れるのはありだと思います。



そして可能なら定期借家契約として、もしご迷惑をおかけすることがあるようであれば

その際は速やかに別の住居を探していただくという形にすることで大家側のリスクを

減らすことも必要だろうと思います。お人よしで大家業をしているわけではないので

万が一の際に大家さんが共倒れすることがないようにしなくてはなりません。



管理会社さんには、面談等必要な審査を経て迷惑をおかけしないと考えられるならば

前向きに進めていただいて構わないという話をしました。このままうまく成約に至れば

いいなと思います。



もしこの申込が成立して入居に至れば、札幌3棟目も久しぶりに満室に返り咲きます。

東京は完全満室、仙台は1室空き、札幌は2室空き(2室申込あり)の状況になり、

完全満室までもう少しです。明日、仙台法人のメインバンクさんと打ち合わせのために

仙台に行くことになっているので、可能なら仙台1棟目の営業をしたいなあ・・・。

内覧はあるけど申込に至らないケースが多いので、打開したいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 19:54 | Comment(0) | 札幌3棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする